スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
Ⅰ 一騎当千の騎馬武者


 さて、早暁の濃霧の果てしなく広がり流れる中を、一群の黒みわたる大軍勢が息を押し殺しながらひたひたと羽柴秀次の陣営付近にまで肉迫していき、だしぬけに弓・鉄砲を撃ちかけ始めたからたまらない。

 秀次勢はまさかの朝駆けをくらって狼狽しているところに徳川勢が気勢を上げながら突入してきたから、たちまち四部五裂の大混乱の状態と成り果てた。
応戦する暇もなく、その将兵たちは驚き慌てながら先を争って逃げ出し、総大将の秀次が逃走用の馬を探し求めてとほうに暮れたという逸話があるぐらいだから、この混乱ぶり推して知るべしである。

 徳川勢はまるで狩りの獲物を追うかのように秀次勢を次々と討ち果たしていき、急追撃を何度となく敢行して徹底的に蹴散らして殲滅した。

 
 こうして、羽柴勢の本陣はダラシガナイほどの大損害を被りながら消え失せ、総大将の秀次がその尻に火がついたように戦場から離脱してサッサと行方をくらましてしまったから、せっかくの中入り部隊は総大将不在の流軍と成り果ててしまったのである。

 将棋に例えれば、使える駒がたくさんあるのに、手始めの出し抜けに王将を取られて負けてしまったようなものなのだ。無残というよりも、こんなに気持ちの良い負けっぷりは実に珍しい。珍重すべきである。
 
 さて、このまさかの敗報に戦慄した堀秀政は、すぐさま秀次勢の救援に駆けつけたのであるが、時すでに遅く、そのほとんどすべてが全滅していて影も形もない。
それどころか、前方にこつぜんと姿を現した徳川方の急先鋒、水野忠重の軍勢と早くも接触し、壮絶な大激戦となった。

 堀秀政は巧みな用兵を駆使して徳川勢を逆に押し返し、敵勢を大きく切り崩しながら勇戦して見事にこれを撃退している。
しかし、後続の家康の本隊がたちどころに姿を現して逆包囲の構えを見せたので、堀秀政は兵力の消耗を懸念して撤退を決意し、徳川勢につけいる隙をあたえずして早々と引き上げにかかっている。

 諸史料によれば、この時の堀秀政の戦いぶり、引き上げぶり(しっぱらい)が実に見事であったようである。
 
 この戦後、家康が堀秀政のことを激賞しているくらいだから、相当の名将だったに違いない。

 武将の技量が試されるのは、なんといっても引き上げの際の引きぎわなのだ。敵に追撃の隙を与えずに引き上げるには、それ相応の知恵と勇気と卓抜な統率力が要求されるのである。
 
 戦国武将の史伝に明るい方々であればすでにご存知なことと思うが、武田信玄、伊達政宗、蒲生氏郷、徳川家康、その他の名将と称される武将たちのほとんどすべてが殿(しんがり)が本当にうまい。

 秀吉も以前の浅井・朝倉との金ヶ崎の撤退戦で武名を上げている。

 変幻自在・当意即妙の用兵がもてはやされるきらいがあるが、敗軍の際の引きぎわの後始末が上手な武将が、正真正銘の名将なのである。


 さて、家康は井伊万千代(後年の井伊直政。)を先鋒に立てながら岩崎城の救援に向かい、やがて羽柴方の池田勝入斎・森長可の軍勢と接触して対峙することになった。

 羽柴勢の総兵力はすでに約半数の一万を切り、一万数千の軍勢を率いる家康・織田信雄連合軍よりも劣勢に追い込まれての対陣であった。
しかも総大将不在の流軍でもあったから、その将兵らの士気は恐ろしいほどに低下していたに違いない。敵地に深く侵入して退路を断たれた形勢だったのだからなおさらであったろう。

 両軍はしばらく睨み合いを続けた後に、やがて戦端が開いて壮烈な死闘をくり広げ、野を朱に染めて壮絶に血戦する。
 家康は馬上でゆっくりと采配をふるって諸将に指示を出しはじめ、羽柴勢の急所を的確について先手、先手と押しまくり、鉄車のごとく黒みわたる徳川勢が壮烈な突入を敢行して猛烈な切り崩しにかかっていく。
 
 羽柴勢はそれに呼応するかのように突出して勇敢に斬り込みにかかるが、森長可が阿修羅のようになって奮戦するも横合いから苛烈極まる銃撃を浴び、馬上に即死してまっ逆さまに落馬する。

「うむ、鬼武蔵を討ち取ったぞ!今こそ好機、行けや者ども、かかれや者ども!」と、家康は大音声に叫びながら采配を大きくふるい、乾坤一擲の総がかりを命じる。

 家康の老練な用兵の前に森長可の軍勢はたちまち総くずれとなり、この救援に駈けつけた池田勝入斎も乱戦の最中に討ち死にし、その悲報に接して引き返してきた嫡男の之助も討ち取られてしまった。

 こうして、七時間以上にも及ぶ熾烈な大激戦の末に池田勝入斎・その嫡男の之助(池田信輝)、森長可は戦死し、中入り部隊は完全に壊滅してしまった。

 作戦は大失敗であった。

 この敗報に接した秀吉はじたんだ踏んで悔しがり、家康との決戦を期して楽田城から急きょ出撃、二万もの大軍を率いて大車輪の怒濤の勢いで長久手の地に向かいはじめた。

こんな時は、すぐに勝ち返しておかないと将兵らの士気に関わるし、長久手での敗北の噂が針小棒大な話しになって諸国に知れ渡ったりしたら、西国の毛利家や東の上杉家の動静だってどうなるか分からないのである。

 また、秀吉に味方する織田の旧臣たちの動静も未知数なものになってしまうところだ。こんな場合は早急に巻き返しておかないといけないのである。


 
 ところでその頃、徳川方の本営の小牧山城では、留守をあずかっている老臣たちが軍議して、秀吉不在の楽田城を攻略する算段を練っていた。
 
 重臣の酒井忠次は積極論だったようであるが、宿老の石川数正が、
「羽柴勢の総勢は、十五万とも十二万とも聞き及んでいる。わが殿さまが長久手において二万の羽柴勢に大損害を与え、その後、秀吉が仮に二万の軍勢を率いて楽田城から出陣したとしても、まだ八万から十万もの大軍が残っている勘定になる。ここは城の守りに専念したほうがよい。」との慎重論を説き、
評議はそれも確かに道理だということになって籠城を続けることになったのであるが、下座に静かに控えていた一人の武将がにわかに進み出て、憤然とした面持ちで立ち上がり、
「なんたることか!わが殿様は新手の秀吉の軍勢を相手にして、きっと難儀なされるはず、帰城も難しいに違いない。何もせずに黙って居られるものか!」と、憤慨していきり立った。

 
 鹿の角の前立て打った唐がしらの冑で有名な、本多平八郎忠勝であった。

 
スポンサーサイト

テーマ:歴史小説 - ジャンル:小説・文学

【2010/03/26 15:44】 | 未分類 | コメント(0)
Ⅲ 小牧・長久手の戦い


 
 秀吉は池田勝入斎の進言に感じ入り、戦局の打開を期して中入り部隊の編成に取りかかった。


 秀吉の代理格として甥の羽柴秀次を総大将に大抜擢し、池田勝入斎、森長可、堀秀政といった歴戦の勇将らを組み込み、隠密裏に三河の岡崎城に向けて出撃させたのである。

 ちなみに、勝入斎は百戦錬磨の猛将だ。
 
 以前、秀吉が明智光秀と雌雄を賭けて激戦を繰り広げた山崎の戦いにおいて、勝入斎は四千もの軍勢を率いて秀吉の大軍に合力し、最も勇猛果敢に明智勢に突入し、敵勢を大きく切り崩して壮烈に撃破し、これが戦局の明暗を分けるほどの決定打になって秀吉は快勝している。

そして、森長可は鬼武蔵の異名を取るほどの勇猛な暁将であり、堀秀政は、「名人久太郎」で世に知られるほどの名高い智将だ。
 
 彼らの顔ぶれを見れば、この作戦における秀吉の強い意気込みが感じ取れるのである。


 しかし、一方の家康のほうもぬかりはない。

 あらかじめ四方八方に諜報網を張り巡らしていたから、この中入りを素早く探知し、配下の水野忠重に命じて追尾させ、さらなる動静を探らせ、偵察大隊(偵察が主な任務なのだが、いざという時には戦闘もする部隊のこと。千単位の大がかりな偵察隊なのである。)までも投入してその行方を厳重に監視していた。
 
 中入り部隊の機動は、連合軍側に筒抜けの状態であった。


 ところで、隠密裏に三河に入った中入り部隊は進撃の途上、徳川方の防衛陣地である岩崎城を攻撃、
「こんな出城のような砦など造作もないこと。ひともみに踏み潰し、ひとひねりじゃ!」と、言わんばかりに難なくもみ潰して押し通るつもりだったのであるが、家康はあらかじめ中入りを警戒して領内の城主らに命じて厳重な防備をさせていたし、岩崎城の将兵らも事前準備は万端だったのだから世話はない。

 中入り部隊はどうしても城を抜くことができずに、まさかの足止め食らってしまったのである。

 さらに、家康はすでに小牧山城に五千の将兵らを残して出陣し、織田信雄も千五百の兵馬を残して出撃し、連合軍側は一万数千もの大軍となり、短兵急に駆けつけながら長久手方面に進路を取りはじめた。

 家康は一旦、小幡城(小牧山から東南十三キロほどの位置にあったようである。)に入り、すぐさま軍議して戦術を練り、その日の夜半の内には再び出撃を強行し、中入り部隊の動静をさぐりながら隠密裏に追尾して行く。
中入り部隊の後を追いながら急迫し、羽柴勢の退路を断ちながら背後から襲撃するつもりだったのだ。


 こんな恐ろしい敵が迫りつつあることを中入り部隊は全然知らない。

 
 勝入斎は嫡男の之助と共に岩崎城を攻囲中で、森長可はその後方に待機中、堀秀政がそのはるか後方に布陣して、万が一の警戒の為に密偵を放って近辺の情報収集にあたっていた。

 ここまではよい。

 しかし、その部隊から三キロ以上も離れた後方で、総大将の秀次勢が休息していたというから、これはあまりにもだらしがない、不用心極まりないあきれはてた行状だ。

味方の陣営とこんなに離れて布陣しては、緊密な連携が取れないから実に危険千万、中入りで敵地に侵入しているのだからなおさらだ。

 秀次は弱冠17~18才の青年武将だったのだから仕方がなかったともいえるが、しかし秀次には老練な老臣らがついていたはずなのだ。

 この不用心ぶりは、秀次つきの老臣らのだらしがないほどの怠慢、言語道断の仕業である。



 さて、家康は隠密裏に索敵しながら羽柴勢に急迫していき、ついに中入り部隊の最後尾の秀次の陣営付近にまで追いついた。

 家康・織田信雄の連合軍は秀次勢の幔幕の群れをはるか前方に見据えながら、急襲の好機をみはからい、その戦機をうかがっていたのであるが、家康の卓抜な戦術眼は敵の中入り部隊の急所を的確に見抜いた。

 羽柴勢は二万余りの大軍勢であったが、縦に伸び切りすぎた布陣だったのだ。

 家康・信雄の連合軍側の総勢は一万数千余りだが、羽柴勢を後陣から順次に、各個に撃破してしまえばイチコロに滅ぼせるような陣形だったのだ。


 しかも秀次勢は、早暁に炊煙を上げている最中だったのである。

 まさに、「まな板の鯉」のような無防備な状態であった。

テーマ:歴史小説 - ジャンル:小説・文学

【2010/03/12 14:51】 | 未分類 | コメント(0)
不如帰 ~戦国武将の幻影~


Ⅰ<覇王編>~逆賊 織田信長を討て!~  Ⅱ<争覇編>~織田家簒奪!秀吉の野望~

不如帰 戦国人物伝


美容室・ヘアサロン・ネイルサロン専門税理士

ランキングに参加しています。。。バナーをクリックして頂けると励みになります!

お気に入り

  • 紫電改を伝えたい!あいなんからの祈り
  • 日本百名城の旅
  • ひこばえ
  • ghost mail
  • 芸能エンタメ タレント最新ニュース&ランキング
  • 怖い話します
  • おんぞーし ノブ様
  • ☆オリジナルの高校数学の問題を掲載していきます☆
  • 嘘八百のこの世界
  • KEEP CALM AND WARBLE ON
  • 国時代を追いかけて日本の歴史つまみ食い紀行
  • 戦国&幕末 セレクト日本史
  • 心のうた|みよ@こたつむりが詠む詩集
  • 天満のイラスト日記!!
  • 施設内虐待(高齢者虐待)と戦う
  • にゃん吉倶楽部
  • 龍好き画伯の妻
  • 穴掘って吠えるでござる
  • えくぼママの喜怒哀楽三昧♪
  • 愛犬ジュジュのときどき後ろ前!?
  • 道東からのフォト
  • 花の店みちくさ
  • すずめ四季
  • 猫ろころころ
  • 極小ヨーキーの子犬がやってきた!
  • 木工と個別課題の部屋
  • 残された石垣を見つけたい
  • のんびり ゆったり 自遊気儘
  • 鼻毛虎日記
  • 別府葉子公式ブログ ~葉子通信
  • ノーベル賞候補犬 サンちゃん
  • 下町ESPRIT
  • 戦闘SLGプレイ日記
  • 東京ぶらぶらり
  • 千葉県 市川市 小岩 茶道具 古美術 絵画  買取 あんてぃっく壱
  • にゃおそふとプライベート
  • うづらのたまご
  • 青の傭兵
  • 小田原で木彫
  • 花のように
  • ビーチサイドの人魚姫
  • 花筐~花がたみ
  • デジカメ人
  • ビールは命の泉です。
  • アダルトチルドレンのまま楽に生きる
  • 全日本丸顔協会
  • ぷりしら商店の雑貨達
  • 愚行の日々を
  • アメリカ観光おすすめスポットまとめ
  • 旅レポート
    ブログランキング

    不如帰 戦国武将の幻影

    武将が騒がしくて、音がうるさい場合はサウンドを(Sound ON)をクリックしてください。SoundがOFFになります。

    (1)サムライに斬られないように注意しながら、かがり火を2回クリックして炎を青くすべし。 (2)左右の炎を2つとも青くすべし。 (3)その状態でサムライに斬られるべし。 (4)カーソルが斬られる瞬間、クリックすべし。 (5)タイミングが合えば、システムが起動する。

    最新記事

    月別アーカイブ

    カウンター

    ブログランキング

    blogram投票ボタン
    プロフィール

    不如帰の幻影

    Author:不如帰の幻影

  • ☆☆著者HPへアクセス・保険☆☆
  • ☆☆著者HPへアクセス・起業☆☆

  • 最新トラックバック

    カテゴリ

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QRコード

    検索フォーム

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。