スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
波乱万丈、細川ガラシャ Ⅳ



 ところで、玉子の命運をまたもや暗転させる大事件が勃発する。後年の関ヶ原役がそれだ。

 
慶長三年、天下人の豊臣秀吉が病没し、豊臣秀頼の後見人の前田利家も、その翌年には病没してしまう。

 
 豊臣家の権要にあった石田三成は、前田利家という頼もしい後ろ盾を失い、豊臣家の武断派からまっさきに命を狙われ、五大老の筆頭である徳川家康に頼み込んで取り成してもらい、なんとか一命だけは取りとめる。しかし、家康の命令で奉行職を罷免され、家督も息子の重家に譲り、近江の佐和山城で隠居生活に入った。

 家康はその後、加賀の前田家をどう喝し、二代目の利長を脅迫して追いつめ、人質とし母親(まつ・芳春院)を差し出させて前田家を事実上屈服させる。


そして、会津の上杉景勝が家康の上洛命令を無視すると、家康は好機到来とばかりに上杉征伐を決断し、有力大名らを率いて東上する。


 
 家康は、その身はゆるゆると東方に向かっていたが、しかしその心は、実は上方の西にあった。


 家康は石田三成の挙兵を予測し、その他の諸将たちも十分に感知していた。


 細川忠興は出陣する際に、「万が一の場合には、自害せよ。」と、玉子に言い残している。


 

 ガラシャも戦国の女だ。夫の言葉に従い、武門の習いを守り通す覚悟はあったに違いないが、しかし、キリスト教は自殺を禁じている。彼女は屋敷に閉じこもったまま、焦慮して日々を送ることになった。


 
 ところで、石田三成の挙兵は予測されていたから、大坂の諸大名の武家屋敷は水面下で大騒ぎだ。

 黒田如水の妻は水桶の中に隠れ忍び、それを従者らに担がせて隠密裏に屋敷から脱出している。加藤清正の妻は、大急ぎで安普請の家を建てて、その廃材の中に身を隠し、それらを家臣らに運ばせて逃げ出している。石田三成の監視網を意識してのことであろうが、なかなか巧み、鮮やかである。


 
 そして、石田三成が挙兵。


 三成は東軍諸将に動揺を与え、彼らの寝返りを期待して人質作戦を強行した。石田の手勢は細川武家屋敷にも殺到し、ガラシャ夫人を探し求めて乱入する。

 ガラシャは迷い悩んだ末に、心静かにその身を正し、屋敷に火を放つように家臣に命じる。そして、側近の者に胸を突かせ、この世を去った。

 享年三十四歳の数奇なる運命であった。


これを伝え聞いた石田三成はがく然とし、その顔面はまったくの蒼白、大困惑のシドロモドロだ。これでは逆効果もいいところ、火に油を注いだも同然なのである。

三成はこの事態に戦慄し、人質作戦は早急に取りやめている。



さて、戦史上有名な関ヶ原の大開戦では、細川忠興は家康に強いて急先鋒を願い出て、その軍勢は鉄車の如く、石田三成の本隊めがけて激烈果敢に突入し、石田勢を何度となく切り崩し、壮烈な斬り込みをかけては勇戦している。

 恨み骨髄とは、まさにこのこと、この時のことをいうのであろう。



 細川ガラシャは戦国に生まれた、数奇な運命に翻弄された悲しい女性であった。


 明智光秀夫妻の大切な宝であった玉子、そして、細川忠興の最愛の妻であったガラシャ夫人は、今も熊本の地で、夫の墓所の横に寄り添うかのように、心静かに永眠している。
スポンサーサイト
【2015/02/24 20:43】 | 未分類 | コメント(0)
波乱万丈、細川ガラシャ Ⅲ 


 ところで、キリストの教えに深い感銘を受けた玉子であったが、教会には隠れ忍んで来た身の上である。夫の実家である細川家の手前、宣教師に身分を明かすことができなかった。

宣教師の方としても、素性の知れない人には洗礼を許すわけにはいかなかったのであろう、玉子は教会で熱心に説法を聞いたものの、その場で洗礼を受けることはできなかったのであるが、しばらくして後に、自宅で侍女から洗礼を受けたという。


 この時代は、キリスト教の外国人宣教師(バテレン)が続々と来日し、フランシスコ・ザビエルをはじめ、トルレス、フェルナンデス、ビレラ、ルイス・フロイスなどが布教活動に専念して信者を次々に獲得している。

史料のコエリヨの報告集によれば、天正十年(1582年)の頃の日本には、キリスト教の信者が約二十万人もいたという。

当時の日本の総人口は約二千万人ぐらいであったというから、これは日本の総人口の約百分の一に相当する。ザビエルが初めて来日したのが、天文十八年(1549年)のことであるから、いかにキリスト教が短期間のうちに恐ろしい勢いで広まっていたのかがよくわかる。


ちなみに、当時のヨーロッパ諸国の植民地政策は、まず、ターゲットとする国家に宣教師たちを続々と送り込み、キリスト教の教義や、高度な文明を披露して人々の関心を引き寄せ、洗脳し、その国内で信者をバンバン増やす。その後に、その信者たちを使って時の政府に圧力をかけ、自分たちの都合に合うように内政干渉する。

そして、無理難題もふっかけて強烈に内政干渉して、時の政府が反発しだしたら、強力な軍隊を送り込んでその国を占領して、ついに植民地にしてしまうというのが、当時の侵略国の常套手段であった。


 織田信長は、それに気づいた頃に殺されている。

 
 秀吉も、諸外国のキリスト教を利用した植民地化政策には気づいていて、後年、ゆるやかではあるが、弾圧している。

 
 家康も当然、気づいていて、徳川幕府の方針は当初から反キリスト教であった。



 私は、本能寺の変の真相は、以前にも書いたことであるが朝廷の黒幕説を信じている者であるが、明智光秀が宣教師をはじめとする諸外国と組んで信長を打倒したという説もいまだに有力視されている。 
 
 

 
 さて、史料のイエズス会日本報告集には、玉子のことが記載されており、
ガラシャ夫人は、まことに慈悲深い女性で、戦争孤児や悲惨な境遇にある子供たちを常に哀れみ、侍女らと共にその子供たちを呼び寄せては温かい言葉をかけて励ましたり、時には子供たちのひどく汚れきった顔を布でぬぐい取ってやったり、傷病の介護までも自ら進んで行うほどであったと記されている。

 戦国大名の妻という身分であるにも関わらず、戦争孤児を哀れんで自ら献身的に援助して励ましたという話しは異例である。

 
 
 心やさしいだけではなく、繊細な感性の持ち主でなければ、こうはいかないであろう。
【2015/02/20 16:50】 | 未分類 | コメント(0)
波乱万丈、細川ガラシャ Ⅱ 



さて、玉子は、父親の明智光秀が越前国の朝倉家に仕えている頃に生まれたという。

 光秀はこの頃に、朝倉家の当主の義景に鉄砲を指南をしていたという逸話があり、また、この時に、同じく朝倉家に身を寄せていた足利義昭一行の細川藤孝と知り合い、親交を結んだようである。

細川藤孝は当代随一の教養人であったから、光秀もそれ相応の知識人であったに違いない。

戦国時代の世相は、武士らしい荒々しさが流行っており、教養人はさげすまれる傾向にあり、文字が書けなくても恥でもなんでもない時代であったのに、光秀は文武両道であったから、これは実に相当の秀才であったろう。

 
そして、玉子が十六歳の頃、細川家の嫡男の忠興と祝言を挙げることになった。

 この時代は、王朝時代のような恋愛して結婚するわけではない。家と家との結びつきのために結婚するのだ。
 
しかし、当時、父親の光秀は織田家にあってメキメキと頭角をあらわし、その将来は実に有望であったし、忠興も評判のよい将来性のある武将だったし、細川家は後年、光秀の有力な寄騎大名になったりしているから、このような関係上から玉子の縁談は勧められたのであろう。
なんといっても媒酌人は織田信長だったと云われているから、これはまわりから祝福されての結婚であったろうし、彼女の前途は非常に明るいものであったろう。


 
 だが、光秀の本能寺での謀反の後、細川家は光秀からの同調の要請を断り、そして光秀と義絶し、玉子は丹後の山中に幽閉されてしまう。

謀反人の娘なので、秀吉にはばかっての幽閉であると云われているが、しかしこの時は別段、秀吉は明智一族について厳しい追及はしていない。

おそらく、細川家は玉子をかばい、幽閉しておしこめるというよりも、かくまってかばうつもりだったのであろう。
細川家記そのほかの史料によれば、細川家自体が、今後の動静を注視して天下の成り行きを静かにうかがっていたように思われるからだ。

現代の我々は、秀吉の天下になることをすでに知っているが、しかし光秀が山崎の戦いで敗れたとはいえ、その後に秀吉の天下になるのかどうかは、これは、その現段階では未知数であったはずなのだ。

用心するのは当然であったろう。

 
 さて、玉子は、幽閉されて二年余りが過ぎた頃に赦免されて、大阪城近辺に所在する細川家の武家屋敷に住まうことになる。

 玉子の夫の細川忠興は、83歳と長生きした人であり、終生、玉子以外に正室を持たなかったことで有名で、したがって妻を溺愛していたことは想像に難くないのであるが、諸書・史料によれば、夫の忠興は、たまに度が過ぎて、彼女の外出は極度に禁じられていた節がある。

忠興が嫉妬深い性質であったので、美貌の玉子を人目から遠ざけたとか、玉子と親しげに話しただけで斬り殺された庭師がいて、また誰かが夫の嫉妬のせいで災難に遭うかもしれないので彼女は自主的に外出を控えていたとか、忠興の嫉妬にまつわる話しがいろいろある。

玉子は謀反人の娘なので世間をはばかったとする説もあるが、どちらにせよ、彼女の心境を想う時に同情の念に絶えない。
せっかく赦免されても、これでは解放感を味わうどころではない、その心情は本当に切ないものであったろう。


 そのせいかもしれない。
 細川忠興が秀吉の九州征伐に動員されて出征した後、玉子は夫の留守を幸いに教会を訪れて、宣教師の説法を聞いてひどく感激している。

深い悩みがあったればこその救い、感動であったのであろう。

 また、その宣教師は、玉子の教養の高さ、理解力の早さ・鋭さに舌を巻いている。来日した宣教師の多くが好学の知識人だったから、その彼らを驚嘆せしめた彼女はまさしく教養人であったろう。

これは、父親ゆずりなのかもしれない。


 
【2015/02/16 19:22】 | 未分類 | コメント(0)
波乱万丈、細川ガラシャ Ⅰ
 

伝承的に語り継がれている話しで、心温まる逸話がある。

明智光秀がまだ浪人したり、貧寒の身上の頃、光秀の仲間たちが彼の家に集まり、酒肴などを催すことになった。

 当時は、「汁講」といって、仲間うちの誰か一人が順番に亭主役となり、日を改めては亭主役の家に集まって食事や、酒などを酌み交わし、日々の出来事などの情報を交換し合って歓談するという習慣があった。

今回は、光秀にその亭主役の順番がまわってきたのであるが、光秀は朝夕の食事にすらこと欠くありさまで、無念ながら、食事や酒肴などの下準備の用立てがどうしてもつかない。


 光秀は困り果てて、妻に相談すると、

「かしこまりました。ご心配なさいますな。」と、物静かな口調で言う。

妻の言葉は心にしみてありがたいことではあったが、光秀としては算段がつかず、どうすることもできないので、全てを妻に任せておいた。


 そしてその当日の夕刻、光秀は気をもみながらいそいそと帰宅し、不安な様子で落ち着かずにいたのであるが、光秀の不安をよそに見事な酒肴の数々が次々に出てくる。

 ズラリと並ぶ料理の数々に仲間たちも大変に喜び、光秀は亭主役として大いに面目をほどこすことができた。



 やがて会合も終わり、仲間たちが帰った後に、光秀は調理場にいる妻に、不審げな面持ちで、

「どうやって、あれだけの数々の物を都合したのか?」と尋ねると、妻は、ほほえみながら髪を包んでいる頭の布を静かにといて見せた。


 妻の美しく長い髪は、切られていた。

 妻は常日頃から大切にしている髪を切ってそれを売り、光秀のために用立てをしたのであった。


 光秀は思わず感涙にむせび、

「わしは将来、必ず出世して、そなたの優しい心にむくいるであろう。」と言いざま、その場に泣き崩れてしまったという。


 明智光秀の妻は献身的で、心優しい女性であったろう。そして、この淑徳な女性を母に持った人が細川ガラシャである。

 名は玉子という。

 彼女は淑徳な才色兼備の女性として実に有名である。

 近年の研究によれば、細川ガラシャは猛女で烈婦であったとする説が広まっているが、諸書、史料を勘案して考察するに、淑徳で、もの静かな女性だったとするほうが穏やかな見解であるといえるであろう。

 ガラシャとは、「神の慈悲」という意味で、彼女は敬虔なキリスト教徒であったという。

 近年、オーストリアのハプスブル家の所有する大図書資料館から、彼女に関する史料が発見されており、彼女の生涯が中世のヨーロッパ時代の人々に深い感銘を与え、民衆の間では女性の鑑として歌劇で歌われていたことが有力視されている。

 東洋の地において、キリスト教の教義と現実の狭間で思い悩むガラシャの姿に、西洋の女性たちは共感を覚えたのであろう。





【2015/02/13 20:01】 | 未分類 | コメント(0)
新・不如帰Ⅱ  プロローグⅡ


また、加藤清正の率いる軍勢は軍律に厳正であり、決して略奪暴行を働かないことで実に有名で、秀吉の唐入り(朝鮮陣)の際も、粛々と軍律の厳正・厳格化を守り続け、しまいには敵方である付近の住民たちからも賞賛の声が上がったという逸話が現地にあるぐらいなのであるが、しかし、これは非常に珍しい、本当に稀なケースだったから有名なのだ。


当時の観念は、現代のような道義心・近代的な道徳的観念とは、かなり大きく異なっている。


略奪暴行、強姦、殺人などを期待して、それらを楽しみにして、戦地に赴く軍勢が多く存在したことは、これは歴史的な通史を深く学んだ者であれば、もはや常識的な範疇であろう。


 
 しかし、戦国時代において、天下の権を賭けた争覇戦になってくると、その様相は一変してくる。


 良民たちに及ぶ被害も、メッキリ減る。



 それもそのはずなのだ。
 
 
 争覇戦の勝利者側にとっては、良民たちは大切な人的な財産であったはずなのだから、争覇を競い合って戦かっている両軍ともに、周辺の住民たちへの略奪暴行には細心の注意を払うはずであるし、
また、実をいえば、住民側にとっては、覇権を賭けて戦っている両軍のどちらが勝とうが、実はそんなことはどうでもいいことだったのだ。


だから、争覇戦において、どちらにも加担していない、いや、加担しようもない良民たちは安穏としていられたのである。

 
 その証拠に、本能寺の変において、その時に本能寺に居た商人や女性たちは明智勢に許されて無事に逃げ出している。
これは、織田領内での織田家の内輪もめだったのだから助かって当然なのである。


賎々岳の戦いにしても、これも織田家の内輪もめだったし、しかもこの戦争は織田領内での戦闘だ。付近の住民が悲惨な目に遭うことは非常に微少であったはずである。


関が原の戦いは、これは天下を統一した豊臣家の内輪もめだから、良民たちの被害は極めて微少であったろう。


 内輪もめをする権力者たち、それに積極的に参加した者たち、それに巻き込まれてしまった人々は非常に悩んだり、焦慮して考え込んだり、大変に苦労させられたり、悲惨な目に遭ったりしたに違いないのであるが、しかしそれを横目で眺めている良民たちは、けっこう平穏に、安心して平和を楽しんでいたのではないだろうか。


 上述した逸話も、そんなところからでてきたのであろう。



 不如帰Ⅱでは、こうした良民サイドからの視点も取り入れて、地道に書き続けられればと思う。






                               平成27年2月7日
                               筆者 勝又正道
【2015/02/07 20:31】 | 未分類 | コメント(0)
新・不如帰Ⅱ  プロローグⅠ
  


前作の不如帰Ⅰを執筆するにあたって、私が主眼を置いた点は、織田信長の本能寺での横死の真相、そして、羽柴秀吉による主家(織田家)の簒奪者ぶりもそうであるが、
しかし、私の本意は戦国の大乱にようやく終止符が打たれつつある、「平和の招来への光陰のような糸口」にあった。


 戦国乱世にあって、醜い権力闘争を演じる群雄たちの平和と安泰のことではない。良民の多くが切望していたであろう平和、そして、希求ともいうべき良民たちの生活の安定と安心感にあった。


そしてまた、その平和への実現に向けて命がけで努力し、絶え間なく専心する、「将星たちの勇気ある姿」をお伝えしたかったのである。


 諸史料によれば、羽柴秀吉が柴田勝家と賎々岳で対戦した折に、
その近辺に住んでいる住民たちは弁当持参で見物に出かけ、戦場からほど遠いところで座り込み、飲食しながら戦闘を観戦していたという逸話がある。

 関が原役の際にも同じような逸話があり、この時は、関が原でのあまりにもあっけない結末に、遠目で観戦しながらヤジまで飛ばす良民たちもいたという。

 この二つの逸話は、まことに興味深い話であり、戦国の緊張感の中にありながらホノボノとしたものを感じさせてくれる。

 
 
 古来の中国の軍隊は、「清野の計」を用いて、攻め込めば必ずといっていいほどに、いたる所を焼き尽くし、略奪暴行の限りを尽くし、住民の生命と生業までもを奪い去って廃墟同然にして徹底的に痛めつけたものだが、しかし、日本の戦国時代も似たようなものなのである。

一説によれば、日本は古来より武士団同士の戦いであり、良民たちを巻き込んで巻き添えにすることはほとんどなかったといい、戦国時代にも、そのようなことは極めて稀であったというが、そんなことはないのだ。

今川家の滅亡の際には、本当に数え切れないぐらいの住民たちが悲惨な目に遭っているし、武田家の最期を記述する甲乱記などは凄惨、惨劇にすぎて読んでいくのが辛くなるほどである。

 戦火の中で母親と生き別れ、泣き叫んでは逃げ惑う幼子たちの姿は、実に痛ましい。

 
 秀吉の三木城の兵糧攻め、鳥取城の兵糧攻めでは、罪のない数多くの住民が死肉を奪い合った末に餓死している。

 

 いつの時代も、領土の占領を目的とする戦争は、良民たちが凄惨な目に遭わされ、やみくもに犠牲を強いられることが多いのである。
【2015/02/07 01:09】 | 未分類 | コメント(0)
不如帰 ~戦国武将の幻影~


Ⅰ<覇王編>~逆賊 織田信長を討て!~  Ⅱ<争覇編>~織田家簒奪!秀吉の野望~

不如帰 戦国人物伝


美容室・ヘアサロン・ネイルサロン専門税理士

ランキングに参加しています。。。バナーをクリックして頂けると励みになります!

お気に入り

  • 紫電改を伝えたい!あいなんからの祈り
  • 日本百名城の旅
  • ひこばえ
  • ghost mail
  • 芸能エンタメ タレント最新ニュース&ランキング
  • 怖い話します
  • おんぞーし ノブ様
  • ☆オリジナルの高校数学の問題を掲載していきます☆
  • 嘘八百のこの世界
  • KEEP CALM AND WARBLE ON
  • 国時代を追いかけて日本の歴史つまみ食い紀行
  • 戦国&幕末 セレクト日本史
  • 心のうた|みよ@こたつむりが詠む詩集
  • 天満のイラスト日記!!
  • 施設内虐待(高齢者虐待)と戦う
  • にゃん吉倶楽部
  • 龍好き画伯の妻
  • 穴掘って吠えるでござる
  • えくぼママの喜怒哀楽三昧♪
  • 愛犬ジュジュのときどき後ろ前!?
  • 道東からのフォト
  • 花の店みちくさ
  • すずめ四季
  • 猫ろころころ
  • 極小ヨーキーの子犬がやってきた!
  • 木工と個別課題の部屋
  • 残された石垣を見つけたい
  • のんびり ゆったり 自遊気儘
  • 鼻毛虎日記
  • 別府葉子公式ブログ ~葉子通信
  • ノーベル賞候補犬 サンちゃん
  • 下町ESPRIT
  • 戦闘SLGプレイ日記
  • 東京ぶらぶらり
  • 千葉県 市川市 小岩 茶道具 古美術 絵画  買取 あんてぃっく壱
  • にゃおそふとプライベート
  • うづらのたまご
  • 青の傭兵
  • 小田原で木彫
  • 花のように
  • ビーチサイドの人魚姫
  • 花筐~花がたみ
  • デジカメ人
  • ビールは命の泉です。
  • アダルトチルドレンのまま楽に生きる
  • 全日本丸顔協会
  • ぷりしら商店の雑貨達
  • 愚行の日々を
  • アメリカ観光おすすめスポットまとめ
  • 旅レポート
    ブログランキング

    不如帰 戦国武将の幻影

    武将が騒がしくて、音がうるさい場合はサウンドを(Sound ON)をクリックしてください。SoundがOFFになります。

    (1)サムライに斬られないように注意しながら、かがり火を2回クリックして炎を青くすべし。 (2)左右の炎を2つとも青くすべし。 (3)その状態でサムライに斬られるべし。 (4)カーソルが斬られる瞬間、クリックすべし。 (5)タイミングが合えば、システムが起動する。

    最新記事

    月別アーカイブ

    カウンター

    ブログランキング

    blogram投票ボタン
    プロフィール

    不如帰の幻影

    Author:不如帰の幻影

  • ☆☆著者HPへアクセス・保険☆☆
  • ☆☆著者HPへアクセス・起業☆☆

  • 最新トラックバック

    カテゴリ

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QRコード

    検索フォーム

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。