FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
コラム NHK大河ドラマ天地人 兼続と石田三成

 石田三成は江戸時代での評判はすこぶる悪い。
改正三河後風土記をはじめとする様々な史料が三成のことを佞姦、佞臣、陰険で酷薄な人物であったと非難している。豊臣家を簒奪するために策動したとまで書いている書物まである。
しかし、石田三成は徳川家康の仇敵であったわけで、封建主義の色濃い徳川の治世下においては石田三成は悪者にならざるを得ない運命にあったといえるだろう。幕府の目が光っているのだ、三成のことを徹底的にこきおろして悪者に仕立て上げたほうが作者も安心であったろうし、幕府の受けも良いにきまっている。三成はその時代の犠牲者であったろう。

 近年になってようやく石田三成の評価が見直されるようになったが、しかし彼が冷酷的に薄情で陰険な性質の持ち主であったことは事実のようである。
古代中国の秦の商央をはじめとする優秀な行政官僚で有名な歴史上の人物たちは、ほとんど全てといってよいぐらいにこの性質を持ち合わせている。
 三成は頭脳明晰な抜群の才子であり、豊臣家の政策のすべてを管掌していたから羽振りも非常に良いのだが、陽気でおおらかに振舞う秀吉の陰で政策の矛盾点を点検して調整し、強欲で狡猾な連中や政策に不満を持つ者たちからまっさきに敵視される存在でもあるのだ、陰険で酷薄でなければ務まらないきつい仕事なのである。
 現代の大物政治家の秘書が恨まれ役になるのも道理といえるだろう。

 
 石田三成は江州今浜(秀吉が長浜と改名)に近い北郷理村石田の生まれで、父親は正継といい、兄は正澄という。正澄は後年一万石の身上になって堺政所をつとめるぐらいの優秀な人物だったから、三成の卓抜な文吏的才能は遺伝的な要素によるものかもしれない。
 諸書によれば、三成の氏素性は比較的に明確で、その身分は郷士であったから、ドラマで紹介されていたような幼少期の寺小姓の三成像には多分に無理があるかもしれない。しかしおもしろい伝承的な逸話なので改めてご紹介したい。

 秀吉が織田家の武将で江州長浜城主であった頃、鷹狩りの帰りにのどが渇いたので観音寺に立ち寄ったのであるが、そこの寺小姓が大碗にぬるいお茶をだぶだぶと盛って持ってきた。
 秀吉がそれを飲み終わると、次は中碗にやや熱めの物が出され、しばらくした後に小碗に熱いお茶を入れて持ってきた。秀吉は感心して、
「小僧ながら、なかなか見どころのある奴じゃ。」と言って、住持に頼んで寺小姓であった三成を召抱えた。この時の三成は十三歳前後であったという。

 石田家は以前、観音寺城主の佐々木六角氏の被官であった時期があり、三成は郷士とはいえ身分ある家の生まれである。
どうゆう経緯で三成が寺小姓になったのか不明であるし、しかも観音寺では長浜から遠すぎるだろう。秀吉の領内でもない。
 長浜城近辺の寺としたほうが自然である。
 
 三成の利発性を象徴する話しであり、内容もおもしろいので伝承的に語り継がれたのであろう。

 また、三成の才幹を物語る有名な逸話がある。

 天正五年の初冬、秀吉は中国方面の司令官となって姫路城に入ったのであるが、その頃の三成は十八歳前後、秀吉の奏者(取次ぎ役)になって従軍している。主人の取次ぎ役であるから諸候が一目置くので羽振りも非常に良いのである。その時の出来事。
 秀吉が三成の奏者役に感心して五百石の禄を与えようとしたところ、三成は毅然とした口調で、
「宇治川と淀川の葦は、郷民に勝手取りにされていますが、これから運上を取る権利をわたくしにお与え下さい。お許し頂ければ五百石は返上するどころか、一万石の軍役を果たすでありましょう。」と言った。秀吉はこれを許し、すべて三成に任せておいた。
その後、秀吉は信長の命令で丹波国の波多野氏征伐に出陣することになり、三成も従軍したのであるが、その際に三成は数百騎を従えてきて約束通りの軍役を果たしたので秀吉は驚いたという。

 この話しは古今武家盛衰記、名将言行録、近年の諸書にも散見される有名な逸話であるが、史実としては非常に疑わしい。この頃は宇治川・淀川あたりは秀吉の領内ではない。明智光秀との山崎合戦の後に領有しているので、もしかしたら時期が違うのかもしれない。
 ともあれ、三成の卓抜な経世の才をうかがい知るには絶好の逸話である。


 
 羽柴秀吉と上杉景勝との落水城での会見は史実的に確かな傍証が無いので架空のことと思われるが、しかしこれと近いような会見があったかもしれない。天正十四年に石田三成は秀吉の命令で兼続に書簡を送り、景勝の上洛を促している。景勝は兼続と相談して上洛を決意、その年の六月七日には四千の軍勢を率いて入京し、十四日に大阪城で秀吉と対面している。
 
 以前に何らかの形で両者の会見があったから、この素早い運びとなったのであろう。

 
 また、徳川家康が甲斐を平定し、信州の諸豪族を宣撫して経略に専念している最中でのことだったのだ。北越の新発田重家も相変わらず頑強に抵抗していたので軍勢を割いて備えなければならなかったし、上州方面では北条家が虎視眈々と隙をうかがっていたのである。
 
 景勝と兼続は状況をよく鑑み、中原に覇を唱える秀吉と結ぶことを得策と考え、実際に秀吉と会見して真偽のほどを確かめた上で上洛を決意したのであろう。
 
 
 上杉景勝は上洛した翌年の天正十五年に新発田重家を滅ぼし、越後を完全に平定している。 

 
著者HP http://7daiyamonde.blog60.fc2.com/
メールアドレス hokenpuro@yahoo.co.jp

テーマ:歴史小説 - ジャンル:小説・文学

【2009/05/26 22:45】 | 未分類
不如帰 ~戦国武将の幻影~


Ⅰ<覇王編>~逆賊 織田信長を討て!~  Ⅱ<争覇編>~織田家簒奪!秀吉の野望~

不如帰 戦国人物伝


美容室・ヘアサロン・ネイルサロン専門税理士

ランキングに参加しています。。。バナーをクリックして頂けると励みになります!

お気に入り

  • 紫電改を伝えたい!あいなんからの祈り
  • 日本百名城の旅
  • ひこばえ
  • ghost mail
  • 芸能エンタメ タレント最新ニュース&ランキング
  • 怖い話します
  • おんぞーし ノブ様
  • ☆オリジナルの高校数学の問題を掲載していきます☆
  • 嘘八百のこの世界
  • KEEP CALM AND WARBLE ON
  • 国時代を追いかけて日本の歴史つまみ食い紀行
  • 戦国&幕末 セレクト日本史
  • 心のうた|みよ@こたつむりが詠む詩集
  • 天満のイラスト日記!!
  • 施設内虐待(高齢者虐待)と戦う
  • にゃん吉倶楽部
  • 龍好き画伯の妻
  • 穴掘って吠えるでござる
  • えくぼママの喜怒哀楽三昧♪
  • 愛犬ジュジュのときどき後ろ前!?
  • 道東からのフォト
  • 花の店みちくさ
  • すずめ四季
  • 猫ろころころ
  • 極小ヨーキーの子犬がやってきた!
  • 木工と個別課題の部屋
  • 残された石垣を見つけたい
  • のんびり ゆったり 自遊気儘
  • 鼻毛虎日記
  • 別府葉子公式ブログ ~葉子通信
  • ノーベル賞候補犬 サンちゃん
  • 下町ESPRIT
  • 戦闘SLGプレイ日記
  • 東京ぶらぶらり
  • 千葉県 市川市 小岩 茶道具 古美術 絵画  買取 あんてぃっく壱
  • にゃおそふとプライベート
  • うづらのたまご
  • 青の傭兵
  • 小田原で木彫
  • 花のように
  • ビーチサイドの人魚姫
  • 花筐~花がたみ
  • デジカメ人
  • ビールは命の泉です。
  • アダルトチルドレンのまま楽に生きる
  • 全日本丸顔協会
  • ぷりしら商店の雑貨達
  • 愚行の日々を
  • アメリカ観光おすすめスポットまとめ
  • 旅レポート
    ブログランキング

    不如帰 戦国武将の幻影

    武将が騒がしくて、音がうるさい場合はサウンドを(Sound ON)をクリックしてください。SoundがOFFになります。

    (1)サムライに斬られないように注意しながら、かがり火を2回クリックして炎を青くすべし。 (2)左右の炎を2つとも青くすべし。 (3)その状態でサムライに斬られるべし。 (4)カーソルが斬られる瞬間、クリックすべし。 (5)タイミングが合えば、システムが起動する。

    最新記事

    月別アーカイブ

    カウンター

    ブログランキング

    blogram投票ボタン
    プロフィール

    不如帰の幻影

    Author:不如帰の幻影

  • ☆☆著者HPへアクセス・保険☆☆
  • ☆☆著者HPへアクセス・起業☆☆

  • 最新トラックバック

    カテゴリ

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QRコード

    検索フォーム

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。