スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
コラム NHK大河ドラマ天地人 兼続と真田一族

 織田信長が本能寺で横死した後、甲斐・信濃は大混乱となったが、いち早く軍勢を率いて信濃の経略に取りかかったのが上杉景勝である。
その折り、上杉景勝は信州長沼城に本陣を置いたのであるが、その時に真田昌幸は上杉家に帰服を申し出て来て長沼城において景勝に拝謁している。
家老職の兼続も同席していたであろうから、この時が昌幸との初めての会見であったろう。


 その後、真田昌幸は上杉を離反して北条方となり、その次は徳川に帰服するのであるが、詳しい経緯は以前の別の章に書いているので詳しくは書かないが、昌幸が利にさとい野心家であったというよりも戦国の中小豪族にありがちな「家の繁栄」を重視するあまりに出所進退が不明朗になったのであろう。
信長の死亡によって甲斐・信濃は徳川・上杉・北条の争地と成り果てたのだ。その地に所領を持つ知略たくましい武将であれば出所進退が不明朗になっても不思議でもなんでもないのである。



 
 ところで、ドラマでの上田城合戦の経緯については補足を要する。

 信長の横死の後、徳川家と北条家は甲斐・信濃・上州の領有権をめぐって鋭く対立し、甲斐において対陣して激しく戦かったのであるが、お互いに長期戦となることを憂慮して和睦した。

その和睦の際に、「甲斐・信濃は徳川領、上州は北条領とする。」という取り決めが結ばれたのである。

 徳川方の真田昌幸は上州沼田に所領を持っている。しかもこの度の合戦では北条方の糧道を封鎖して戦局を大逆転させるという大軍功を上げたばかりなのだ。
 そんな昌幸に対して家康は、
「沼田城を北条家に引き渡すように。今のところ代地がないのでいずれあてがうであろう。きっと悪いようにはせぬ。」と命令した。

 代地のないままに引き渡せとは随分な命令だ。これは家康にあるまじき疎漏であったろう。
 昌幸はこの横暴極まる命令をはねつけたのであるが、しかし腹の太い家康はこの問題をほっぽらかしにした。
 北条家から使者がやってきて沼田の引渡しの要請をするが、家康はのらりくらりと相手にしない。
「取るものは取ったし、あとはままよ。」といった感じだったのであろう。

 こんなわけだから、昌幸は家康の強権な制裁がないことに安心し、信州小県地方の諸豪族を宣撫して徳川方に帰服させて家康の歓心を買い、天正十二年には家康の許可を得て上田に城を築いて完成させたのである。

 その天正十二年の春、秀吉と家康との間で戦雲の兆しが見え始めた。後に小牧長久手の戦いに発展する合戦のことだ。
 
 家康は北条家に助勢を求めるが、北条は上州沼田の件をむしかえしてきてまるで埒があかない。
そして、なんだかんだしているうちに合戦も済んでしまったのであるが、家康は非常に不安であった。

 もう一度羽柴家と戦うことになったら分が悪すぎるのだ。
 
小牧長久手の戦いは秀吉四分、家康六分ぐらいの戦績であったが、秀吉の領土の広さといい、その富力といい、その軍事力といい、徳川家とは比較にならないほどに絶大なのだ。
家康は悶々と不安を抱えていたのであるが、翌年の天正十三年の春、北条家から使者がやってきてまた沼田の件をむしかえしてきた。

 家康が今回は沼田の件を真剣に考えたことは言うまでもない。北条家を味方にすれば少しは安心なのである。
 家康はさっそく昌幸に沼田を引き渡すように厳命したのであるが、昌幸はこれをはねつけ、上杉家に通謀して助勢を求める。

 家康はこれに激怒して派兵を決意し、こうして上田合戦に発展していくのであるが、昌幸が功利的な野心で徳川家を離反したというよりも、家康の政略的な威圧で篭城に追い込まれたと見るべきであろう。
 
 
 ところで、上杉景勝・兼続は以前に昌幸に裏切られているにも関わらず、六千五百の援軍を上田城に送っている。
強きをくじき、弱きを救う上杉謙信の骨法を見事に体現し、男性的爽快感のあふれる話しであるが、真田昌幸の次男である幸村(信繁)が上杉家の人質として越後に入ったのが上田合戦の前なのか後なのか諸説あって不明なのだが、幸村が寡黙でおとなしい性質で、温厚で実直な人物であったことは史料・諸書ともに一致している。

 真田幸村が実戦で陣頭を指揮して戦った戦闘は大坂の役のみである。

 幸村の名声は父の昌幸の威光のおかげであり、兄の信幸(改名して信之)の声望があったればこその感が否めないのであるが、しかし、大坂城に出丸を築いた戦術眼といい、そのすさまじい勇猛な戦闘ぶりといい、家康の本陣に斬り込みをかけて旗本勢を切り崩したことといい、日本無双の武士であったことは間違いない。
 史料の薩藩日記に、「五月七日、家康の本陣に幸村勢が斬り込み、徳川の旗本衆を撃破して討ち取った。三里ほども逃げ出した旗本は奇跡的に助かることができた。幸村勢は三度目の斬り込みで全員が討ち死にしたのである。真田は日本一のつわもの、古くからの物語にもないことだ。」と記載している。
 
 敵方でさえ讃嘆しているのだ。真田幸村は見事に武士としての死華を咲かせたのである。


著者HP http://7daiyamonde.blog60.fc2.com/
メールアドレス hokenpuro@yahoo.co.jp 

テーマ:歴史小説 - ジャンル:小説・文学

【2009/06/02 15:20】 | 未分類
不如帰 ~戦国武将の幻影~


Ⅰ<覇王編>~逆賊 織田信長を討て!~  Ⅱ<争覇編>~織田家簒奪!秀吉の野望~

不如帰 戦国人物伝


美容室・ヘアサロン・ネイルサロン専門税理士

ランキングに参加しています。。。バナーをクリックして頂けると励みになります!

お気に入り

  • 紫電改を伝えたい!あいなんからの祈り
  • 日本百名城の旅
  • ひこばえ
  • ghost mail
  • 芸能エンタメ タレント最新ニュース&ランキング
  • 怖い話します
  • おんぞーし ノブ様
  • ☆オリジナルの高校数学の問題を掲載していきます☆
  • 嘘八百のこの世界
  • KEEP CALM AND WARBLE ON
  • 国時代を追いかけて日本の歴史つまみ食い紀行
  • 戦国&幕末 セレクト日本史
  • 心のうた|みよ@こたつむりが詠む詩集
  • 天満のイラスト日記!!
  • 施設内虐待(高齢者虐待)と戦う
  • にゃん吉倶楽部
  • 龍好き画伯の妻
  • 穴掘って吠えるでござる
  • えくぼママの喜怒哀楽三昧♪
  • 愛犬ジュジュのときどき後ろ前!?
  • 道東からのフォト
  • 花の店みちくさ
  • すずめ四季
  • 猫ろころころ
  • 極小ヨーキーの子犬がやってきた!
  • 木工と個別課題の部屋
  • 残された石垣を見つけたい
  • のんびり ゆったり 自遊気儘
  • 鼻毛虎日記
  • 別府葉子公式ブログ ~葉子通信
  • ノーベル賞候補犬 サンちゃん
  • 下町ESPRIT
  • 戦闘SLGプレイ日記
  • 東京ぶらぶらり
  • 千葉県 市川市 小岩 茶道具 古美術 絵画  買取 あんてぃっく壱
  • にゃおそふとプライベート
  • うづらのたまご
  • 青の傭兵
  • 小田原で木彫
  • 花のように
  • ビーチサイドの人魚姫
  • 花筐~花がたみ
  • デジカメ人
  • ビールは命の泉です。
  • アダルトチルドレンのまま楽に生きる
  • 全日本丸顔協会
  • ぷりしら商店の雑貨達
  • 愚行の日々を
  • アメリカ観光おすすめスポットまとめ
  • 旅レポート
    ブログランキング

    不如帰 戦国武将の幻影

    武将が騒がしくて、音がうるさい場合はサウンドを(Sound ON)をクリックしてください。SoundがOFFになります。

    (1)サムライに斬られないように注意しながら、かがり火を2回クリックして炎を青くすべし。 (2)左右の炎を2つとも青くすべし。 (3)その状態でサムライに斬られるべし。 (4)カーソルが斬られる瞬間、クリックすべし。 (5)タイミングが合えば、システムが起動する。

    最新記事

    月別アーカイブ

    カウンター

    ブログランキング

    blogram投票ボタン
    プロフィール

    不如帰の幻影

    Author:不如帰の幻影

  • ☆☆著者HPへアクセス・保険☆☆
  • ☆☆著者HPへアクセス・起業☆☆

  • 最新トラックバック

    カテゴリ

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QRコード

    検索フォーム

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。