スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
コラム NHK大河ドラマ天地人 兼続と関白秀吉


 覇者をめざす秀吉は、当初は征夷大将軍になって幕府をひらきたいと考えていたようである。

 秀吉は前将軍の足利義昭に養子にして欲しいと頼み込んでいるが、これは手厳しくきっぱりと断わられている。
 足利義昭は当時、毛利家の食客のような身分で備後の室津にいたのであるが、落ちぶれたとはいえ、さすがに家柄を売ってしまうことは前将軍としてのプライドが許さなかったのであろう。
また、いくらなんでも実力任せの氏素性の知れない者に尊貴な家柄を譲ったとあっては足利尊氏をはじめとする御先祖様に申し訳が立たないのである。

 ところで源頼朝以来、征夷大将軍は清和源氏でなければならないというきまりがあったわけではない。
 鎌倉幕府は三代目の実朝以降、京都から藤原氏の者を迎えて将軍に擁立し、親王は四人も立てている。
 しかし、戦国時代の当時の人々には「征夷大将軍は清和源氏に限る」と信じられていたようである。
 
 ともかくも秀吉は困って公家の当時右大臣であった菊亭晴季に相談する。
 
 当時の公家は五摂家であろうがなかろうが実力無し、生活力は皆無、自慢できるのは家柄だけという状態だ。長い間の戦乱続きで苦しい生活を強いられてきたから金銀の力にまことに弱い。
菊亭晴季は水を得た魚のようになって秀吉の潤沢な金銀を公家衆にばらまきながら朝廷工作に奔走し、ついに秀吉は近衛前久の猶子ということになって関白の地位を獲得したのである。
 菊亭晴季のふところに莫大な謝礼金が転がりこんだことはいうまでもない。
 
 征夷大将軍は本来は鎮守府将軍と同格で、従五位上の位であるが、関白職が出来てからは一番えらい太政大臣よりも関白が上であるから征夷大将軍にこだわる必要はないという理屈であろう。金に困った公家さんの考えそうなことではある。

 ともかくも、こうして秀吉は関白になったのであるが、威張れるのは家柄だけの公家衆の評判は非常に悪かった。
 
 秀吉は莫大な金銀を公家衆にばらまいたり、皇室の所領を増やしたり、公家さんの領地を加増したりしてなだめてみるが、全然効果が現れない。
自慢できる唯一の尊貴な家柄を氏素性の知れない土民風情に乗り取られたとあっては憤懣やるせないのも道理なのである。
 
 秀吉が困り果てていると、ここでまた例の菊亭晴季が智恵をまわす。
 天皇の大権をもって新しい姓を下賜していただいて公家衆の憤懣をそらすという方策である。
 古来より藤原、平や源、橘などは天皇が賜ったことになっている。
 秀吉の富力にものをいわせた菊亭晴季がまたまた大車輪の怒涛の勢いで朝廷の内外を奔走し、ついに天皇は新たに「豊臣」という姓を立てられ、秀吉に下賜されたのである。

 天皇の大権で姓を下賜されることは七~八百年来のことであり、秀吉が莫大な財力にものをいわせて行われたことであるから、こんなことで公家衆の不満がおさまったとは到底考えられないのだが、ともかくも秀吉は政権の体裁を整えることに成功して日本国に君臨することになったのである。

 秀吉の勢力は西は下関海峡から以東の中国地方、南は四国・紀伊・志摩、五畿内はもちろん、北陸は越後以西、東は尾張以西という広大な領域に及んでいる。
後年、徳川家康が秀吉に臣従することによって東方の安全が約束され、秀吉は九州征伐を断行して天下統一にますます拍車がかかることになる。

 
 
 ところで、ドラマでは関白の威光を輝かせた秀吉が兼続に刃をつきつけて家臣になるように強要するが、あれはいただけない。

 秀吉は大器量人である。あのような料簡の狭い人物ではない。
 また、秀吉の本当の目的は兼続を直参の家臣にすることではない。有力大名の実力ある家老と懇親を結び、いざという時にその大名の内部から働きかけるという政略的な方策であったろう。
その良い例が後年の関が原役での小早川秀秋だ。徳川家康に内通する家老の助言で東軍に寝返ることになったのである。

 さらに、秀吉は兼続の才能を高く買っている。
 後年、上杉家は会津に転封となって百二十万石を与えられるが、秀吉はその折りに兼続に三十万石をあてがうように上杉景勝に申しふくめている。
当時、大名でさえ三十万石以上の身代は徳川家、毛利家、前田家、上杉家、伊達家、島津家、宇喜多家、小早川家、佐竹家、堀家、鍋島家の十一氏しかなかったのである。しかも兼続は大名ではなく陪臣なのだ。破格の優遇といってよい。

 戦国時代は江戸時代と異なり、殿様も家老も能力給なのだ。兼続は卓抜な才能の持ち主であったことは間違いない。

著者HP http://7daiyamonde.blog60.fc2.com/
メールアドレス hokenpuro@yahoo.co.jp 
 

テーマ:歴史小説 - ジャンル:小説・文学

【2009/06/30 18:02】 | 未分類
不如帰 ~戦国武将の幻影~


Ⅰ<覇王編>~逆賊 織田信長を討て!~  Ⅱ<争覇編>~織田家簒奪!秀吉の野望~

不如帰 戦国人物伝


美容室・ヘアサロン・ネイルサロン専門税理士

ランキングに参加しています。。。バナーをクリックして頂けると励みになります!

お気に入り

  • 紫電改を伝えたい!あいなんからの祈り
  • 日本百名城の旅
  • ひこばえ
  • ghost mail
  • 芸能エンタメ タレント最新ニュース&ランキング
  • 怖い話します
  • おんぞーし ノブ様
  • ☆オリジナルの高校数学の問題を掲載していきます☆
  • 嘘八百のこの世界
  • KEEP CALM AND WARBLE ON
  • 国時代を追いかけて日本の歴史つまみ食い紀行
  • 戦国&幕末 セレクト日本史
  • 心のうた|みよ@こたつむりが詠む詩集
  • 天満のイラスト日記!!
  • 施設内虐待(高齢者虐待)と戦う
  • にゃん吉倶楽部
  • 龍好き画伯の妻
  • 穴掘って吠えるでござる
  • えくぼママの喜怒哀楽三昧♪
  • 愛犬ジュジュのときどき後ろ前!?
  • 道東からのフォト
  • 花の店みちくさ
  • すずめ四季
  • 猫ろころころ
  • 極小ヨーキーの子犬がやってきた!
  • 木工と個別課題の部屋
  • 残された石垣を見つけたい
  • のんびり ゆったり 自遊気儘
  • 鼻毛虎日記
  • 別府葉子公式ブログ ~葉子通信
  • ノーベル賞候補犬 サンちゃん
  • 下町ESPRIT
  • 戦闘SLGプレイ日記
  • 東京ぶらぶらり
  • 千葉県 市川市 小岩 茶道具 古美術 絵画  買取 あんてぃっく壱
  • にゃおそふとプライベート
  • うづらのたまご
  • 青の傭兵
  • 小田原で木彫
  • 花のように
  • ビーチサイドの人魚姫
  • 花筐~花がたみ
  • デジカメ人
  • ビールは命の泉です。
  • アダルトチルドレンのまま楽に生きる
  • 全日本丸顔協会
  • ぷりしら商店の雑貨達
  • 愚行の日々を
  • アメリカ観光おすすめスポットまとめ
  • 旅レポート
    ブログランキング

    不如帰 戦国武将の幻影

    武将が騒がしくて、音がうるさい場合はサウンドを(Sound ON)をクリックしてください。SoundがOFFになります。

    (1)サムライに斬られないように注意しながら、かがり火を2回クリックして炎を青くすべし。 (2)左右の炎を2つとも青くすべし。 (3)その状態でサムライに斬られるべし。 (4)カーソルが斬られる瞬間、クリックすべし。 (5)タイミングが合えば、システムが起動する。

    最新記事

    月別アーカイブ

    カウンター

    ブログランキング

    blogram投票ボタン
    プロフィール

    不如帰の幻影

    Author:不如帰の幻影

  • ☆☆著者HPへアクセス・保険☆☆
  • ☆☆著者HPへアクセス・起業☆☆

  • 最新トラックバック

    カテゴリ

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QRコード

    検索フォーム

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。