スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
コラム NHK大河ドラマ天地人 蒲生氏郷と上杉家の会津移封



 秀吉は北条家征伐の後、徳川家康に関東八州への移封を通達している。

 これは家康の武功を賞するという名目であったが、しかし八州といっても常州には佐竹家がいるし、野州には宇都宮・那須の両家があるし、上州には佐野家、房州には里見家が昔ながらにいたのである。
これでは正味のところ五・六州といったところであろう。
家康の所領は三河・遠江・駿河・甲斐・信濃の五州だったから多少なりとも石高は増えたのかもしれないが、しかし長い年月をかけて経略にいそしんできた土地を離れ、慣れ親しんだ良民の多くを手放しての移封であったから素直に喜んでよいものかどうか疑問なところであったろう。

また、秀吉は甲州に取立て武将の加藤光泰をおき、中村一氏に駿府を与え、山内一豊を掛川に、堀尾吉晴を浜松に、田中吉政を岡崎、池田輝政を三河の吉田(豊橋)にといった具合に秀吉子飼いの武将たちを配置し、羽柴秀次には尾張・北伊勢を与えて清洲城を居城と定めさせている。
まるで数珠をつなぐようにして徳川家を包囲し、秀吉恩顧の大名たちによって家康の中央への出口をふさがせた形勢になっていたのだ。
 
さらに、秀吉は奥州の仕置きの後、蒲生氏郷に会津を与えて伊達政宗を掣肘し、徳川家康を背後から牽制させている。
後年、奥州で一揆が勃発した(伊達政宗による扇動説が有名であるが、政宗が騒擾を起こさせたというよりも、一揆が発生したので好機到来とみて策動したのではないかと思われる。)が、氏郷は見事に一揆勢を鎮圧して秀吉の期待にこたえている。
この騒動の後に勃発した南部の九戸政実の叛乱においても氏郷は大軍功を上げ、奥羽の七郡を加増されて百二十万石の身代となったのである。百万石以上の大名といえば後年の五大老に匹敵するほどの石高だ。蒲生氏郷の能力推して知るべしである。
 
 
 蒲生氏郷は麒麟児と称されるほどの名将である。
 蒲生家は元々は近江の蒲生郡日野の小豪族であったが、氏郷の祖父である定秀の頃にメキメキと頭角を現し、衰運の著しい主家の六角家を親身に手助けしている。蒲生家の義理がたい家風は当時も実に有名で、織田信長も蒲生家の律儀な家風を愛し、蒲生定秀・賢秀(氏郷の父)の信義心に惚れこんで大いに厚遇しているほどだ。
氏郷は幼少期に人質の意味もあって織田信長に近習し、後年は信長の女婿になっている。信長に逸材の人物として見込まれるほどの大器に成長した証しであろう。
 
 蒲生氏郷は陣頭指揮型の猛将で、その軍勢は実に軍規厳正で精強無比、秀吉の小牧の役・九州征伐において大軍功を上げている。
政治的な手腕も卓抜であり、会津に入ってからは城下町の形成に心血をそそぎ、市日を数多く増やして商業の活性化を図り、近江などから商人たちを呼び寄せて産業を奨励して城下町を繁栄させている。
諸書によれば氏郷は戦国武将でありながらも和歌に通じ史書を愛読したと云われるから相当な文化的教養人であったに違いない。文武両道の達人であったろう。

 その氏郷が秀吉の唐入り(文禄の役)の最中に病没してしまったのである。享年四十才という実に惜しまれての死であった。病状は下血(腸出血と云われる)による病死であったという。
古来より秀吉の毒殺説が流布しているが、これは最近の研究では否定的である。
秀吉は毒殺するどころか右腕をもがれる思いであったはずだ。その理由は前述した秀吉を取り巻いていた状況と氏郷の人物像から容易に推察できるであろう。蒲生氏郷は天性の将器であり、律儀で実に義理がたい人物だったのである。
 
 その後、秀吉は蒲生家の家風に期待して氏郷の嫡男である秀行にそのまま会津の地を任せたのであるが、間もなくして蒲生家の内部で重臣同士の争いごとが発生し、秀行は宇都宮十八万石に削封となった。
一説には、秀吉が氏郷の未亡人に恋い焦がれてアタックしたが、「是非にも及ばず。」と言って尼になってしまったのを怒り、蒲生家を宇都宮に左遷したともいうが、これはいかがなものか。
確かに、秀吉は織田家の血筋の女性に異常な征服欲を燃やしている。淀殿をはじめ、三の丸殿は信長の第五女であったし、姫路殿は信長の姪だ。
信長に奴隷のように酷使されたという精神的なトラウマの反動が強烈な征服欲となって顕れたのであろうが、しかし当時の戦国大名は能力給なのだ。家臣らが権勢を争って家中が乱れるようでは戦略的な要地を任せられないのである。

 
 慶長三年正月、上杉景勝が蒲生家にかわって会津に移封され、上杉家は百二十万石の身代となり、西国の毛利家と並ぶ大大名となった。

 この移封の折に、秀吉は上杉景勝に言葉を添え、その後に直江兼続には米沢三十万石が与えられている。

 当時、大名クラスで三十万石以上となると指折りで数えるくらいしかいない。

 しかも兼続は大名ではない。陪臣なのだ。家臣でこれほどの領国を任されたのである。

 兼続の人物像、推して知るべしといったところであろう。



著者HP http://7daiyamonde.blog60.fc2.com/
メールアドレス hokenpuro@yahoo.co.jp 

テーマ:歴史小説 - ジャンル:小説・文学

【2009/08/26 06:26】 | 未分類
不如帰 ~戦国武将の幻影~


Ⅰ<覇王編>~逆賊 織田信長を討て!~  Ⅱ<争覇編>~織田家簒奪!秀吉の野望~

不如帰 戦国人物伝


美容室・ヘアサロン・ネイルサロン専門税理士

ランキングに参加しています。。。バナーをクリックして頂けると励みになります!

お気に入り

  • 紫電改を伝えたい!あいなんからの祈り
  • 日本百名城の旅
  • ひこばえ
  • ghost mail
  • 芸能エンタメ タレント最新ニュース&ランキング
  • 怖い話します
  • おんぞーし ノブ様
  • ☆オリジナルの高校数学の問題を掲載していきます☆
  • 嘘八百のこの世界
  • KEEP CALM AND WARBLE ON
  • 国時代を追いかけて日本の歴史つまみ食い紀行
  • 戦国&幕末 セレクト日本史
  • 心のうた|みよ@こたつむりが詠む詩集
  • 天満のイラスト日記!!
  • 施設内虐待(高齢者虐待)と戦う
  • にゃん吉倶楽部
  • 龍好き画伯の妻
  • 穴掘って吠えるでござる
  • えくぼママの喜怒哀楽三昧♪
  • 愛犬ジュジュのときどき後ろ前!?
  • 道東からのフォト
  • 花の店みちくさ
  • すずめ四季
  • 猫ろころころ
  • 極小ヨーキーの子犬がやってきた!
  • 木工と個別課題の部屋
  • 残された石垣を見つけたい
  • のんびり ゆったり 自遊気儘
  • 鼻毛虎日記
  • 別府葉子公式ブログ ~葉子通信
  • ノーベル賞候補犬 サンちゃん
  • 下町ESPRIT
  • 戦闘SLGプレイ日記
  • 東京ぶらぶらり
  • 千葉県 市川市 小岩 茶道具 古美術 絵画  買取 あんてぃっく壱
  • にゃおそふとプライベート
  • うづらのたまご
  • 青の傭兵
  • 小田原で木彫
  • 花のように
  • ビーチサイドの人魚姫
  • 花筐~花がたみ
  • デジカメ人
  • ビールは命の泉です。
  • アダルトチルドレンのまま楽に生きる
  • 全日本丸顔協会
  • ぷりしら商店の雑貨達
  • 愚行の日々を
  • アメリカ観光おすすめスポットまとめ
  • 旅レポート
    ブログランキング

    不如帰 戦国武将の幻影

    武将が騒がしくて、音がうるさい場合はサウンドを(Sound ON)をクリックしてください。SoundがOFFになります。

    (1)サムライに斬られないように注意しながら、かがり火を2回クリックして炎を青くすべし。 (2)左右の炎を2つとも青くすべし。 (3)その状態でサムライに斬られるべし。 (4)カーソルが斬られる瞬間、クリックすべし。 (5)タイミングが合えば、システムが起動する。

    最新記事

    月別アーカイブ

    カウンター

    ブログランキング

    blogram投票ボタン
    プロフィール

    不如帰の幻影

    Author:不如帰の幻影

  • ☆☆著者HPへアクセス・保険☆☆
  • ☆☆著者HPへアクセス・起業☆☆

  • 最新トラックバック

    カテゴリ

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QRコード

    検索フォーム

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。