スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
コラム NHK大河ドラマ天地人 徳川家康の野望

「天下は麻の如く乱れ、乱世の戦国武将であれば誰もが天下を狙っていた。」という台詞をテレビや小説などで相変わらず見聞きするが、これは当時の実態からほど遠い、観念的な幻想のような話しであるように思われる。
 戦国の群雄中、本気で天下取りを考えていた人物は織田信長ただ一人だけであったというのが私の持論なのであるが、しかしその信長にしても、それは尾張を統一してその後に美濃一国を略取した後からのことであったろう。
 当時の戦国大名の当主は在地豪族の連合体の旗頭的な存在であったから、その当主は家中を組織的に自由自在に操れるだけの力量と卓抜な統率力を要求されたのだ。
類い稀な実力のある当主でなければ、その領内はたちまち謀反や反乱が続出して家中は支離分裂し、とても天下を狙うどころではなかったはずなのである。
 
 以前に別の章で書いているので詳述しないが、織田信長は卓越なアイデア、奇抜な奇策、強靭な不屈の闘志で諸事難題を果敢に克服しつつ、天下統一の手法とでもいうべき設計図を少しずつ丹念に完成させていったのだ。
だから、信長の一番弟子といってよいくらいの秀吉があのように調子よく天下を統一することができたのである。
また、織田家の盟友であった徳川家康も信長の卓抜な手法に驚嘆しながらも感心したであろうし、天下は、「実力のある者の天下である」ことを如実に証明して見せた織田信長・羽柴秀吉に感化されたであろう。


 
 ところで、太閤秀吉の病没後、徳川家康の専横、実に目に余るほどの我がままぶりが始まった。
 
 秀吉の遺言とでもいうべき掟・約定をことごとく踏みにじり、諸大名と勝手に縁組を次々と結んで徳川家の威勢を増大させている。
また、大老職筆頭の権限を半ば専断し、諸侯の知行を半ば独断的に加増しているから、これは私恩を売るかのような策動ぶりなのだ。島津義久・義弘、細川忠興などは加増にあずかって大喜びしているし、小早川秀秋は筑前・筑後の領主に返り咲いている。中老職の堀尾吉晴などは栄転して越前に移封となっているが、これは加賀国の前田勢の中央への出口を塞ぐ役割を担わされていたことは明白なのである。

 家康の専横ぶりに大老の前田利家は激怒し、五奉行の石田三成らも憤激して家康に詰問の使者を走らせたりもするが、家康はノラリクラリと生返事をするぐらいで全然相手にしない。
「わしが謀叛しているとでも言いたげな口上だの。証拠を見せてもらいたいの。」というずうずうしさだ。それでもしつこく詰問状を叩きつけて厳しく追及すると家康はとうとう居直って、
「わしの大老職を剥ぐかのような言い草じゃが、それこそ太閤殿下の遺命に背くことになるのではないかの。」といった三百代言も言い出しそうな態度なのだ。
家康のこのような横着者ぶりは今回が初めてではないが、今や徳川家は実質的に三百万石近い超大名、しかも家康と親しい中小大名がゴロゴロいたから実力を背景にしてものを言っているわけだ。
 
 もはや家康の眼中には他の大老らは置き物も同然、五奉行なんぞはコッパ役人にすぎないのである。

 
 家康のこうした強引で信義に反するようなやり方には嫌悪感を覚えるところであるが、しかし秀吉も以前に同じようなことをしている。
織田信長の横死の後、織田家の当主は三法師(後年の織田秀信)と決まっていたにも関わらず、秀吉の雄大な謀略によって飾り雛同然にさせられて、いつの間にか忘れ去られているのだ。しかも織田家宿老筆頭の柴田勝家を滅ぼし、裏で糸を引いて信長の息子の織田信孝・織田信雄に醜い兄弟相克をさせ、次々に織田家の勢力をそぎ落として主家を簒奪しているのである。

 
 戦国時代の当時は、実力のある者の天下であった。

 五大老の筆頭、諸大名の中で抜きん出る超大名、諸将に神格視までされた武勇知略、七年にも及んだ外征の損失の皆無、外征反対の良識者としての信頼、豊臣家の武断派・文治派の調停者、これら全てをもってすれば、家康の天下になったことは自然なことであったようにも思えるのである。

 
 ドラマでは、家康打倒派の石田三成が直江兼続の進言に感じ入る場面が放映され、いよいよ関が原役へといった展開になりそうであり、次回の兼続の家康に対する反駁状が楽しみだが、江戸時代の御用学者らが石田三成のことを、
「才あって智なし。」と評しているが、これはあたっていると思う。
 私は三成の豊臣家に対する忠誠心を疑う者ではない。人間本来の心情として秀吉に対する恩を持っているべきであるし、三成の一途な正義感に同情もする。
しかし本当に豊臣家を思うのであれば、兼続・上杉家やその他の外様大名などを相手にするのではなく、武断派の者たちとの融和を図り、豊臣家恩顧の者たちに働きかけ、必要であれば膝を曲げて懇請・懇願すべきなのである。

 
 資質に得失あり。
全てを事務的にさばき切ろうとする官僚的な迷妄に固執してしまった三成の資質の限界であったろう。

著者HP http://7daiyamonde.blog60.fc2.com/
メールアドレス hokenpuro@yahoo.co.jp 
【2009/09/10 11:19】 | 未分類
不如帰 ~戦国武将の幻影~


Ⅰ<覇王編>~逆賊 織田信長を討て!~  Ⅱ<争覇編>~織田家簒奪!秀吉の野望~

不如帰 戦国人物伝


美容室・ヘアサロン・ネイルサロン専門税理士

ランキングに参加しています。。。バナーをクリックして頂けると励みになります!

お気に入り

  • 紫電改を伝えたい!あいなんからの祈り
  • 日本百名城の旅
  • ひこばえ
  • ghost mail
  • 芸能エンタメ タレント最新ニュース&ランキング
  • 怖い話します
  • おんぞーし ノブ様
  • ☆オリジナルの高校数学の問題を掲載していきます☆
  • 嘘八百のこの世界
  • KEEP CALM AND WARBLE ON
  • 国時代を追いかけて日本の歴史つまみ食い紀行
  • 戦国&幕末 セレクト日本史
  • 心のうた|みよ@こたつむりが詠む詩集
  • 天満のイラスト日記!!
  • 施設内虐待(高齢者虐待)と戦う
  • にゃん吉倶楽部
  • 龍好き画伯の妻
  • 穴掘って吠えるでござる
  • えくぼママの喜怒哀楽三昧♪
  • 愛犬ジュジュのときどき後ろ前!?
  • 道東からのフォト
  • 花の店みちくさ
  • すずめ四季
  • 猫ろころころ
  • 極小ヨーキーの子犬がやってきた!
  • 木工と個別課題の部屋
  • 残された石垣を見つけたい
  • のんびり ゆったり 自遊気儘
  • 鼻毛虎日記
  • 別府葉子公式ブログ ~葉子通信
  • ノーベル賞候補犬 サンちゃん
  • 下町ESPRIT
  • 戦闘SLGプレイ日記
  • 東京ぶらぶらり
  • 千葉県 市川市 小岩 茶道具 古美術 絵画  買取 あんてぃっく壱
  • にゃおそふとプライベート
  • うづらのたまご
  • 青の傭兵
  • 小田原で木彫
  • 花のように
  • ビーチサイドの人魚姫
  • 花筐~花がたみ
  • デジカメ人
  • ビールは命の泉です。
  • アダルトチルドレンのまま楽に生きる
  • 全日本丸顔協会
  • ぷりしら商店の雑貨達
  • 愚行の日々を
  • アメリカ観光おすすめスポットまとめ
  • 旅レポート
    ブログランキング

    不如帰 戦国武将の幻影

    武将が騒がしくて、音がうるさい場合はサウンドを(Sound ON)をクリックしてください。SoundがOFFになります。

    (1)サムライに斬られないように注意しながら、かがり火を2回クリックして炎を青くすべし。 (2)左右の炎を2つとも青くすべし。 (3)その状態でサムライに斬られるべし。 (4)カーソルが斬られる瞬間、クリックすべし。 (5)タイミングが合えば、システムが起動する。

    最新記事

    月別アーカイブ

    カウンター

    ブログランキング

    blogram投票ボタン
    プロフィール

    不如帰の幻影

    Author:不如帰の幻影

  • ☆☆著者HPへアクセス・保険☆☆
  • ☆☆著者HPへアクセス・起業☆☆

  • 最新トラックバック

    カテゴリ

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QRコード

    検索フォーム

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。