スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
Ⅰ 賤ヶ岳の衝撃

 さて、秀吉は羽柴勢の主力部隊を近江の中尾山から美濃大垣城の周辺に移動し、自ら軍勢を率いて織田信孝の籠城する岐阜城に兵馬を向けた。

この情報を素早く探知した柴田方の佐久間盛政は、千載一遇の好機到来とばかりに出撃を主張する。

確かに、主力部隊の展開していない防衛陣地など、近現代の海軍に例えれば空母や戦艦が存在しない機動部隊のようなものなのだ、必ずや攻撃を仕掛ければイチコロに滅ぼせるのである。

 しかし、柴田勝家は織田信長が太鼓判を押したほどの師団長レベルの武将だ。勇猛なばかりではなく、知略もある。謀臣もいる。勝家もその幕僚たちも羽柴勢の不可解な軍事行動をいぶかしく思い、自重して全く動かない。
 
 佐久間盛政は何度となく勝家に願い出て、あくまでも出撃を言い張り、きかない。
まるで口うるさい小姑のようだ、ぐちぐちねちねちと大げさに騒ぎ立て、諸将も巻き込んでさかんに扇動することまでする。本当にうるさい。
 勝家はその度に思案して考え込んでいたのであるが、しかし慎重に過ぎると将兵の士気が低下してしまうことも事実なのだ、それを憂慮したのであろう、不安を抱きながらも、ついに折れてしまったのである。

勝家は慎重な面持ちで、
「敵の砦を占拠したら、ただちに引き上げてくるのじゃぞ!」と佐久間に厳命し、何度となく念を押して出撃を許した。

はたして、佐久間は一万五千の軍勢を率いて意気揚々と出陣し、羽柴方の中川清秀の守備する大岩山砦を強襲、熾烈な波状攻撃を何度となく繰り返し、たちまちにして砦を陥落させ、敵将の中川清秀も首尾よく討ち取った。


 ところが、幸先の良い戦勝に酔いしれたのか、佐久間勢は引き上げるどころか敵中深く侵入し、賤ヶ岳砦付近にまで軍旗を進めて全然動かない。
引き上げの準備をするどころか、逆に敵の他の砦を狙い澄まして今にも攻撃を仕掛けそうな勢いなのだ。
 
 勝家はこの事態にぼう然とし、早急に何度となく急使をやって引き上げを命じるのだが、佐久間は全然聞き入れない。
「わしにしわ腹を切らせるつもりか!あほうな盛政め!」と吐きすて、おそらくは床机を何度も蹴り飛ばして憤激したことであろうが、しかしどうすることもできない。



 ここで私見になるが、佐久間盛政は勝家の甥で、猛将で名の通った人物である。
盛政は少し知恵の足りない猪武者との定評もあるが、しかし盛政はこの時、秀吉の主力部隊が近江に舞い戻って来るまでに、いくらなんでも早くとも二・三日はかかると踏んでいたのである。

 この考え方は、当時の常識・良識なのだ。

 秀吉の所在する美濃の大垣城付近から、佐久間盛政の軍勢が展開する近江の賤ヶ岳までの距離は、約十三里。
 一理は約3、93kmであるから、およそ51km以上も離れていたことになる。
しかも、秀吉の主力部隊は約二万人もいたのだ。

こんな膨大な人数が、道の狭い山道のような美濃街道を通過して引き返すとなると、どう考えても一日や二日どころでは済まされないはずであろう。
 
 また、美濃岐阜城の織田信孝が撤退していく羽柴勢を背後から急追撃する可能性も十分にあったから、秀吉はそれに対する備えをしながら後退しなければならない。撤収しながらの迅速な軍事行動は実に難しいのである。

 したがって佐久間盛政の思案には、ある程度は頷けるのだ。

 おそらくは、この勢いに乗じて敵の他の砦を二・三攻め落とし、そこに強固な防衛陣地を構築して舞い戻って来る秀吉の主力部隊に備えるつもりでいたのであろう。

「勝家め、弱気になりおって。もうしばらくは黙って我が軍の働きぶりを見学しておれ!」と、言わんばかりの盛政であったろう。



 まさか、わずか六時間足らずで秀吉が引きかえしてこようとは、全く知るよしもない佐久間盛政であった。

著者HP http://7daiyamonde.blog60.fc2.com/
メールアドレス hokenpuro@yahoo.co.jp 

テーマ:歴史小説 - ジャンル:小説・文学

【2009/12/23 01:03】 | 未分類
不如帰 ~戦国武将の幻影~


Ⅰ<覇王編>~逆賊 織田信長を討て!~  Ⅱ<争覇編>~織田家簒奪!秀吉の野望~

不如帰 戦国人物伝


美容室・ヘアサロン・ネイルサロン専門税理士

ランキングに参加しています。。。バナーをクリックして頂けると励みになります!

お気に入り

  • 紫電改を伝えたい!あいなんからの祈り
  • 日本百名城の旅
  • ひこばえ
  • ghost mail
  • 芸能エンタメ タレント最新ニュース&ランキング
  • 怖い話します
  • おんぞーし ノブ様
  • ☆オリジナルの高校数学の問題を掲載していきます☆
  • 嘘八百のこの世界
  • KEEP CALM AND WARBLE ON
  • 国時代を追いかけて日本の歴史つまみ食い紀行
  • 戦国&幕末 セレクト日本史
  • 心のうた|みよ@こたつむりが詠む詩集
  • 天満のイラスト日記!!
  • 施設内虐待(高齢者虐待)と戦う
  • にゃん吉倶楽部
  • 龍好き画伯の妻
  • 穴掘って吠えるでござる
  • えくぼママの喜怒哀楽三昧♪
  • 愛犬ジュジュのときどき後ろ前!?
  • 道東からのフォト
  • 花の店みちくさ
  • すずめ四季
  • 猫ろころころ
  • 極小ヨーキーの子犬がやってきた!
  • 木工と個別課題の部屋
  • 残された石垣を見つけたい
  • のんびり ゆったり 自遊気儘
  • 鼻毛虎日記
  • 別府葉子公式ブログ ~葉子通信
  • ノーベル賞候補犬 サンちゃん
  • 下町ESPRIT
  • 戦闘SLGプレイ日記
  • 東京ぶらぶらり
  • 千葉県 市川市 小岩 茶道具 古美術 絵画  買取 あんてぃっく壱
  • にゃおそふとプライベート
  • うづらのたまご
  • 青の傭兵
  • 小田原で木彫
  • 花のように
  • ビーチサイドの人魚姫
  • 花筐~花がたみ
  • デジカメ人
  • ビールは命の泉です。
  • アダルトチルドレンのまま楽に生きる
  • 全日本丸顔協会
  • ぷりしら商店の雑貨達
  • 愚行の日々を
  • アメリカ観光おすすめスポットまとめ
  • 旅レポート
    ブログランキング

    不如帰 戦国武将の幻影

    武将が騒がしくて、音がうるさい場合はサウンドを(Sound ON)をクリックしてください。SoundがOFFになります。

    (1)サムライに斬られないように注意しながら、かがり火を2回クリックして炎を青くすべし。 (2)左右の炎を2つとも青くすべし。 (3)その状態でサムライに斬られるべし。 (4)カーソルが斬られる瞬間、クリックすべし。 (5)タイミングが合えば、システムが起動する。

    最新記事

    月別アーカイブ

    カウンター

    ブログランキング

    blogram投票ボタン
    プロフィール

    不如帰の幻影

    Author:不如帰の幻影

  • ☆☆著者HPへアクセス・保険☆☆
  • ☆☆著者HPへアクセス・起業☆☆

  • 最新トラックバック

    カテゴリ

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QRコード

    検索フォーム

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。