スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
秀吉、覇業へ邁進す Ⅱ


 ともあれ、秀吉は、半ば強引に旭を家康の正室として輿入れさせて、徳川家に対して最大限に譲歩したつもりであったのであろうが、家康は上洛するそぶりを全然見せない。

婚儀における形式上の答礼の使者が往来するばかりで、家康は全くのダンマリを決め込んでいたのであった。


 
 秀吉はまさに青息吐息、焦慮して悩んでいたに違いないが、
諸史料によれば、秀吉の風呂思案は実に有名な話で、ここ一番の悩みどころの時には、よく風呂に入り(この時代は、まだ蒸し風呂のケースが多い)、体を温めたり、こすり洗いなどして、なんとなく思案していると良いアイデアが自然に浮かんできて、今までの悩みの種であった難題がきれいに解かれて、九死に一生の窮地を脱することも多かったという。

 おそらくこの時も風呂に入り、ふと、ひらめいて、
「だれぞおらぬか!いますぐに官兵衛を呼べい!」などと言って、秀吉の知恵袋的な存在である黒田官兵衛にも相談していたことであろう。


そして、秀吉は悩み抜いた末に、敬慕する母親(大政所)を、家康の正室として嫁いだ旭を見舞うという名目で、徳川家に送ることにしたのであった。

これは、母親を人質として差し出したも同然なのである。

 秀吉の母親想いは実に有名な話しになっていて、当時も大変な評判であった。秀吉の書き記した書状、史料などを検証するに、秀吉の母親への敬愛の念、最愛の情などが赤裸々に書きつづられている。


秀吉は悲壮な面持ちで、断腸の思いであったにちがいないが、しかし、母親としては実にいい迷惑なところで、これも実にひどい話しだ。
実質的に人質となって敵地に送られるわけだから、恐怖もあり、寂寥感もあり、老年にムチ打つ思いで悲壮感もひとしおであったろう。


 まったくもって、当時の女性たちは本当に気の毒でならないのであるが、しかし、余談になるが、その時代に、たくましく猛々しい一面を見せた輝かしい女性たちも数多く存在しているのも事実である。


例えば、中世であれば、やはり木曽義仲の巴御前、山吹御前などは敵兵を無数に斬り倒しており、越後城氏の勇婦、板額御前は強靭な強弓の使い手で、敵将を弓で射殺すること無数、その弓矢の矢羽まで突き刺さる強弓で、死者算なしの状態となり、源為朝の再来を想わせる働きぶりを見せて、城に押し寄せていた鎌倉方はタジタジになっている。

戦国時代には、池田恒興の娘のせんが鉄砲隊を指揮して大激戦に参加しているし、家康の家臣である飯尾連竜の娘、お亀は戦場で勇敢にあばれまわって数十人の敵兵を斬殺している。


また、女性のやきもちも、その焼き方によっては相当以上の逸話も存在する。

福島正則は戦場において、一度たりとも、そのうしろ姿を見せたことがないと豪語していた武将であるが、ある日、妾をかこっていることが奥方にバレて、猛烈に激怒した奥方が薙刀を振り回しながら急迫してきた時は、さすがにその恐ろしさのあまり逃げ出して、ついうしろ姿を見せてしまったと述懐している。


また、細川忠興の娘のおこまは、夫と密通して、いけしゃあしゃあとしている侍女に怒り、火鉢にさしてある熱鉄の鉄箸を手に取って、その侍女に、
「ここへおじゃ。こちらにおじゃ。」といって近くまで呼び寄せ、その熱鉄の鉄箸でいきなり侍女の体を突き刺した。
肉のこげた臭いの中で絶叫してのたうちまわって苦しむ侍女に執拗に何度となく突き刺して、最期は、三本目の鉄箸で突き刺しているうちについに絶命してしまったという話しがある。



今の時代もそうであるが、男女ともに、信義・誠実を裏切った行動をすると、その報いも尋常ではないという好例であろう。



【2015/05/09 18:10】 | 未分類 | コメント(0)
<<秀吉、覇業へ邁進す Ⅲ | ホーム | 秀吉、覇業へ邁進す Ⅰ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

不如帰 ~戦国武将の幻影~


Ⅰ<覇王編>~逆賊 織田信長を討て!~  Ⅱ<争覇編>~織田家簒奪!秀吉の野望~

不如帰 戦国人物伝


美容室・ヘアサロン・ネイルサロン専門税理士

ランキングに参加しています。。。バナーをクリックして頂けると励みになります!

お気に入り

  • 紫電改を伝えたい!あいなんからの祈り
  • 日本百名城の旅
  • ひこばえ
  • ghost mail
  • 芸能エンタメ タレント最新ニュース&ランキング
  • 怖い話します
  • おんぞーし ノブ様
  • ☆オリジナルの高校数学の問題を掲載していきます☆
  • 嘘八百のこの世界
  • KEEP CALM AND WARBLE ON
  • 国時代を追いかけて日本の歴史つまみ食い紀行
  • 戦国&幕末 セレクト日本史
  • 心のうた|みよ@こたつむりが詠む詩集
  • 天満のイラスト日記!!
  • 施設内虐待(高齢者虐待)と戦う
  • にゃん吉倶楽部
  • 龍好き画伯の妻
  • 穴掘って吠えるでござる
  • えくぼママの喜怒哀楽三昧♪
  • 愛犬ジュジュのときどき後ろ前!?
  • 道東からのフォト
  • 花の店みちくさ
  • すずめ四季
  • 猫ろころころ
  • 極小ヨーキーの子犬がやってきた!
  • 木工と個別課題の部屋
  • 残された石垣を見つけたい
  • のんびり ゆったり 自遊気儘
  • 鼻毛虎日記
  • 別府葉子公式ブログ ~葉子通信
  • ノーベル賞候補犬 サンちゃん
  • 下町ESPRIT
  • 戦闘SLGプレイ日記
  • 東京ぶらぶらり
  • 千葉県 市川市 小岩 茶道具 古美術 絵画  買取 あんてぃっく壱
  • にゃおそふとプライベート
  • うづらのたまご
  • 青の傭兵
  • 小田原で木彫
  • 花のように
  • ビーチサイドの人魚姫
  • 花筐~花がたみ
  • デジカメ人
  • ビールは命の泉です。
  • アダルトチルドレンのまま楽に生きる
  • 全日本丸顔協会
  • ぷりしら商店の雑貨達
  • 愚行の日々を
  • アメリカ観光おすすめスポットまとめ
  • 旅レポート
    ブログランキング

    不如帰 戦国武将の幻影

    武将が騒がしくて、音がうるさい場合はサウンドを(Sound ON)をクリックしてください。SoundがOFFになります。

    (1)サムライに斬られないように注意しながら、かがり火を2回クリックして炎を青くすべし。 (2)左右の炎を2つとも青くすべし。 (3)その状態でサムライに斬られるべし。 (4)カーソルが斬られる瞬間、クリックすべし。 (5)タイミングが合えば、システムが起動する。

    最新記事

    月別アーカイブ

    カウンター

    ブログランキング

    blogram投票ボタン
    プロフィール

    不如帰の幻影

    Author:不如帰の幻影

  • ☆☆著者HPへアクセス・保険☆☆
  • ☆☆著者HPへアクセス・起業☆☆

  • 最新トラックバック

    カテゴリ

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QRコード

    検索フォーム

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。