スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
秀吉、天下人への道 (戦国の麒麟児 蒲生氏郷)

さて、秀吉の九州平定は順調に進んでいくのであるが、秋月氏の拠る豊前の厳石城は天嶮の要害で、この難航不落の要塞を攻略した武将が蒲生氏郷である。

前田勢を始めとする他の諸隊などもこの攻城戦に参加しているが、蒲生氏郷の用兵はずば抜けて優れており、秀吉が比類なき名将と褒めたたえ、軍功第一として激賞しているほどだ。

 後年、奥州の伊達政宗の押さえとして会津の地を任される蒲生氏郷の武名は、この戦いで大いに上がったのである。 

この厳石城攻めの際に、以前に書いた話しであるが、おもしろい逸話がある。

 本多三弥正重という武将は、その昔、徳川家康の三河の一向一揆の際に、宗門の教えを信じて一揆勢に加担して徳川勢に反抗した人物だ。
家康によって三河が鎮定されると、本多三弥は家康からの誅殺を恐れて徳川家を出奔し、その後は、諸家を渡り歩いて功名を立てたが、秀吉の九州征伐の時には、蒲生氏郷の配下となって従軍している。その時の出来事。
 
 蒲生氏郷は秀吉に巌石城攻めをしいて願い出て、これが許されてさっそく攻囲にかかるのであるが、氏郷が軍勢の士気を鼓舞するために自ら貝を吹くのだが、しかしどうしたものか、これが全然鳴らない。

本陣に居合わせていた本多三弥がそれを見て、床几に腰かけたまま、
「総じて、腰抜けの吹く貝は、いざという時には鳴らぬものでござる。」といった。

この横柄な言動に氏郷は激怒し、

「ならばそのほうが吹けい!しかし貝が鳴らずば、決して生かしておかぬ!」と怒声を放ち、刀のつかに手をかけて鋭い眼光で睨みつける。
 憤激のあまり、今にも抜刀して斬りかかる勢いだ。

 しかし本多三弥は全然気にすることもなく、ゆっくりと床几から立ち上がり、氏郷から貝を取り上げ、

そして、高々と三度までも貝を吹き鳴らし、

「これが、剛の者の吹く貝でござる!しかとお聞き候か!!」と言い捨てて、槍を取って敵中に突入して行ったという。
 
 本多三弥という人物は平然とずけずけとものを言う人で有名で、これは本当に特異な例であろうが、しかしこのような剛情な気質が戦国の武士たちには少なからずあったのである。

 また、蒲生氏郷にはこんな逸話もある。

 蒲生氏郷は、戦場に臨んでは必ずといっていいほどに先頭に立って槍をふるう、陣頭指揮型の猛将であった。先陣を切って自ら戦場で戦うので、その将兵らは大いに励まされ、蒲生勢は実に勇猛果敢で精強であったと云われる。

 ある日、秀吉が家臣たちと雑談中に、
「織田信長公と蒲生氏郷が戦ったら、どちらが勝つと思う?」と問いかけたが、家臣たちは首をひねって考え込んでしまい、答えが出ない。

秀吉は笑いながら、
「信長公の軍勢が必ず勝つ。なぜなら、氏郷の軍勢の兜首が五つもそろえば、その中に必ず氏郷の首があるはずじゃ。信長公の首は、その軍勢を全滅させなければ取ることはできまい。」と言ったという。

確かに、蒲生氏郷は歴戦の勇将であったが、戦場においては常に陣頭で戦うので落命の危険性も大きく、近年になって氏郷のことを「猪武者」と評する見解もあるのだが、しかし、これにはちゃんとした理由があるのだ。


 甲州・信州・越後といった酷寒酷暑の気候下で黙々と鍛錬に鍛錬を重ねられ、地味甲殻な土地がらで練りに練り上げられた兵士らは実に木強・精強であるが、土地肥沃・気候の温暖な尾張・近江などの兵士らは体力、忍耐力ともに劣りがちであり、気力も気迫も勢いも、比較にならないぐらい劣弱であった。

こうした兵士たちを、生死を賭けた戦場で奮戦させるためには、主将自らが陣頭で指揮を執る必要があったはずなのである。

 武田信玄のように、本陣にどっかりと腰をすえて、「動かざること山の如し」のありようは、これは甲州武士の兵員の質に恵まれていたからこそ可能だったのである。

諸史料を調べると、秀吉は厳石城攻めの際に、蒲生氏郷の身を心配して、討死させてしまうことを懸念して出撃させることを非常にためらっているが、氏郷の強い要望もあって出陣を許可している。

 蒲生氏郷は本当に逸話が多い人だ。
 会津の地を大商業都市にしたのも氏郷であり、経世家としての腕前も一流中の一流である。

 
 人使いも本当にうまい。こんな逸話もある。

戦国時代の頃は、風呂といえば大変な馳走であった。

 もっとも、風呂といっても当時はむし風呂が主流で、現代版のサウナのようなものである。

 蒲生氏郷は、家中の者たちが自分の屋敷にやってくると、大いに饗応して風呂に入ることも勧めて、自ら裏方にまわって風呂の用意をして、マキをくべて火をおこし、それに筒木をつかって息を吹きかけて風呂加減の世話役までしたという。

 これに類似した逸話は他にも数多くあるのだが、当時の武将たちは、家臣の心をつかむ努力に余念がなかったのである。


 現代のサラリーマンの世界でも、命令するだけで威張っている上司は嫌われる。

 部下から慕われる人は、定年後も、人間関係の良好な方々が多いように思われる。

 

  
【2015/06/27 23:14】 | 未分類 | コメント(0)
<<コラム 優秀な行政官僚 石田三成 | ホーム | 秀吉、天下人への道 (1 秀吉の九州征伐)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

不如帰 ~戦国武将の幻影~


Ⅰ<覇王編>~逆賊 織田信長を討て!~  Ⅱ<争覇編>~織田家簒奪!秀吉の野望~

不如帰 戦国人物伝


美容室・ヘアサロン・ネイルサロン専門税理士

ランキングに参加しています。。。バナーをクリックして頂けると励みになります!

お気に入り

  • 紫電改を伝えたい!あいなんからの祈り
  • 日本百名城の旅
  • ひこばえ
  • ghost mail
  • 芸能エンタメ タレント最新ニュース&ランキング
  • 怖い話します
  • おんぞーし ノブ様
  • ☆オリジナルの高校数学の問題を掲載していきます☆
  • 嘘八百のこの世界
  • KEEP CALM AND WARBLE ON
  • 国時代を追いかけて日本の歴史つまみ食い紀行
  • 戦国&幕末 セレクト日本史
  • 心のうた|みよ@こたつむりが詠む詩集
  • 天満のイラスト日記!!
  • 施設内虐待(高齢者虐待)と戦う
  • にゃん吉倶楽部
  • 龍好き画伯の妻
  • 穴掘って吠えるでござる
  • えくぼママの喜怒哀楽三昧♪
  • 愛犬ジュジュのときどき後ろ前!?
  • 道東からのフォト
  • 花の店みちくさ
  • すずめ四季
  • 猫ろころころ
  • 極小ヨーキーの子犬がやってきた!
  • 木工と個別課題の部屋
  • 残された石垣を見つけたい
  • のんびり ゆったり 自遊気儘
  • 鼻毛虎日記
  • 別府葉子公式ブログ ~葉子通信
  • ノーベル賞候補犬 サンちゃん
  • 下町ESPRIT
  • 戦闘SLGプレイ日記
  • 東京ぶらぶらり
  • 千葉県 市川市 小岩 茶道具 古美術 絵画  買取 あんてぃっく壱
  • にゃおそふとプライベート
  • うづらのたまご
  • 青の傭兵
  • 小田原で木彫
  • 花のように
  • ビーチサイドの人魚姫
  • 花筐~花がたみ
  • デジカメ人
  • ビールは命の泉です。
  • アダルトチルドレンのまま楽に生きる
  • 全日本丸顔協会
  • ぷりしら商店の雑貨達
  • 愚行の日々を
  • アメリカ観光おすすめスポットまとめ
  • 旅レポート
    ブログランキング

    不如帰 戦国武将の幻影

    武将が騒がしくて、音がうるさい場合はサウンドを(Sound ON)をクリックしてください。SoundがOFFになります。

    (1)サムライに斬られないように注意しながら、かがり火を2回クリックして炎を青くすべし。 (2)左右の炎を2つとも青くすべし。 (3)その状態でサムライに斬られるべし。 (4)カーソルが斬られる瞬間、クリックすべし。 (5)タイミングが合えば、システムが起動する。

    最新記事

    月別アーカイブ

    カウンター

    ブログランキング

    blogram投票ボタン
    プロフィール

    不如帰の幻影

    Author:不如帰の幻影

  • ☆☆著者HPへアクセス・保険☆☆
  • ☆☆著者HPへアクセス・起業☆☆

  • 最新トラックバック

    カテゴリ

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QRコード

    検索フォーム

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。