スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
王覇 信長の幻影 (縦横無尽、真田昌幸の真骨頂)

さて、真田昌幸は大強敵の徳川勢・北条勢を痛快なまでに翻弄して徹底的に撃退したのであるが、
しかし、今後の徳川・北条の巻き返しの大攻勢に切実な不安を覚えて、

なんと、越後の上杉景勝が秀吉に謁見するために上京しての留守を幸いに、人質の源次郎(昌幸の次男、信繁。幸村というのは、江戸時代の寛永年間の「難波戦記」という軍記物でつけられた俗名という説があるが、
しかし、後年の大坂冬の陣での信繁の大坂城入城の時に、本人が自ら真田幸村と改名して名乗っていたという説がある。

幸村はその生涯を通じて、とても素直で誠実な性格であり、本当に心の優しい人物であった。
おそらくは、徳川方について真田本家を守る実兄、真田信之の苦境的な立場を考慮しての、苦心苦肉の改名だったのかもしれない。)を、勝手に呼び戻し、
すぐさま秀吉のもとに信繁を人質として差し出し、
しかも、上杉景勝の許しもなく、なにくわぬ顔で勝手に羽柴家の直属の被官たる許しを願い出て、これが許されて大喜びだったというのだから、これは実にひどい話だ。


後日、上方から越後に帰国した上杉景勝は、この事実を知るに及んで烈火のごとく憤激して激怒している。

秀吉が怒り心頭の上杉景勝を上手になだめたので、景勝の腹の虫もなんとかおさまり、昌幸は上杉家からなんら咎められることも無くことなきを得たと云われているが、
しかしこれは、実に破廉恥極まりない言語道断な所業だ。


 真田昌幸は以前、上杉家を離反した経緯があったのだが、上杉景勝は再び泣きついてきた昌幸に同情を寄せて、微小の地方豪族の真田家を哀れに思い、
上杉家中の大反対を押し切って再度の帰参を認めてやり、以前の破廉恥な裏切り行為も快く水に流すように許してやっているのだ。

しかも、その上に真田家と徳川勢との上田合戦の際には、異説があるとはいえ、窮地に陥る昌幸を見棄て難いということで援軍まで送っているのだ。


ここで私見を書くが、私は、真田昌幸公に好意を寄せる者であるが、しかし、これほどまでに信義に反する行為は、いくら戦国時代といえども、これはもってのほかの仕業であり、この不誠実極まるやり方には一抹のいきどおりを覚え、とても無念で残念に思えてならない。

史書の改正三河後風土記に、

「真田昌幸は、生得危険の姦人である。」と、まことに手厳しい批評があり、いくら「改正三河後風土記は徳川方の史書なので徳川ビイキの史料である」といえども、確かにそのように思われてもしかたがないであろう。

とても苦しい言い訳になってしまうが、しかし、昌幸を少し弁護していえば、これは、身代以上に知略が異常にたくましいがゆえに、このように不明朗なことになってしまったのかもしれない。


余談だが、そもそも、「信義心」であるとか、「忠義一徹」であるとか、「律儀で誠実」であるといったことなどは、裏切りの横行する下剋上の戦国時代には無かったはずという諸説があるが、

しかし、諸史料を丹念に調べれば分かることなのであるが、そんなことはないのである。

信長も、秀吉も、家康も、その他の武将たちも、その身代が微小の頃から「信義心」「忠義」を心がけて励行しており、

特に信義心は、彼らの嘱望を成就させるための重要なカギの一つであったことは、これはこの時代だけに限ったことではなく、日本史に明るい方々であればすでに周知の事実であろう。

かつて、江戸時代の寺子屋などでは、「織田信長は信義の人であった。」と教えられていたのであるが、今ではその事実がすっかり忘れ去られている。

とても残念なことであるが、今の現代は、メディアや出版業界の売らんがための宣伝文句のせいもあって、戦国時代の実態、戦国武将の実像などが大はばにぶれてしまっている。

「天下は麻の如く乱れ、乱世の群雄たちは誰もが天下を狙っていた!」というのは異常に誇張がすぎるキャッチコピーであるし、

群雄たちは誰もが天下を狙っていたなどというのは、これは時代考証があまりにも甘すぎる、誇大広告のようなキャッチコピーなのである。

また、相変わらず三国志演義で使われている手法、善玉・悪玉を仕立てあげて両極端の人物像を作り上げ、まるで小説やドラマに登場するかのような非現実的な戦国武将の実像が作り上げられてしまっている。

現代は、メディア・出版業界が麻の如く乱れて横行し、戦国武将たちは誰もが虚像になっている!?と、いったところか。


 さて、ともかくもこうして、
真田昌幸は羽柴家という実に頼もしい後ろ盾を得て、ここは思案のしどころ、奇貨居くべし、まさに好機逸すべからずといわんばかりに信州の略定に着手し、

しきりに徳川領の信州佐久郡に打って出て、すぐさまジリジリと切り取り始めたというのだから、このあまりにも素早すぎる自信満々の豹変ぶりには本当に恐れ入る。


まさに真田昌幸の真骨頂、稀代の軍略家ではあるが、昌幸の領土欲、野望心の旺盛な膨張欲は、とどまることを知らない。



【2015/09/21 21:11】 | 未分類 | コメント(0)
<<王覇 信長の幻影 (秀吉の策謀と真田昌幸) | ホーム | 王覇 信長の幻影 (戦国のニューフェイス 真田昌幸)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

不如帰 ~戦国武将の幻影~


Ⅰ<覇王編>~逆賊 織田信長を討て!~  Ⅱ<争覇編>~織田家簒奪!秀吉の野望~

不如帰 戦国人物伝


美容室・ヘアサロン・ネイルサロン専門税理士

ランキングに参加しています。。。バナーをクリックして頂けると励みになります!

お気に入り

  • 紫電改を伝えたい!あいなんからの祈り
  • 日本百名城の旅
  • ひこばえ
  • ghost mail
  • 芸能エンタメ タレント最新ニュース&ランキング
  • 怖い話します
  • おんぞーし ノブ様
  • ☆オリジナルの高校数学の問題を掲載していきます☆
  • 嘘八百のこの世界
  • KEEP CALM AND WARBLE ON
  • 国時代を追いかけて日本の歴史つまみ食い紀行
  • 戦国&幕末 セレクト日本史
  • 心のうた|みよ@こたつむりが詠む詩集
  • 天満のイラスト日記!!
  • 施設内虐待(高齢者虐待)と戦う
  • にゃん吉倶楽部
  • 龍好き画伯の妻
  • 穴掘って吠えるでござる
  • えくぼママの喜怒哀楽三昧♪
  • 愛犬ジュジュのときどき後ろ前!?
  • 道東からのフォト
  • 花の店みちくさ
  • すずめ四季
  • 猫ろころころ
  • 極小ヨーキーの子犬がやってきた!
  • 木工と個別課題の部屋
  • 残された石垣を見つけたい
  • のんびり ゆったり 自遊気儘
  • 鼻毛虎日記
  • 別府葉子公式ブログ ~葉子通信
  • ノーベル賞候補犬 サンちゃん
  • 下町ESPRIT
  • 戦闘SLGプレイ日記
  • 東京ぶらぶらり
  • 千葉県 市川市 小岩 茶道具 古美術 絵画  買取 あんてぃっく壱
  • にゃおそふとプライベート
  • うづらのたまご
  • 青の傭兵
  • 小田原で木彫
  • 花のように
  • ビーチサイドの人魚姫
  • 花筐~花がたみ
  • デジカメ人
  • ビールは命の泉です。
  • アダルトチルドレンのまま楽に生きる
  • 全日本丸顔協会
  • ぷりしら商店の雑貨達
  • 愚行の日々を
  • アメリカ観光おすすめスポットまとめ
  • 旅レポート
    ブログランキング

    不如帰 戦国武将の幻影

    武将が騒がしくて、音がうるさい場合はサウンドを(Sound ON)をクリックしてください。SoundがOFFになります。

    (1)サムライに斬られないように注意しながら、かがり火を2回クリックして炎を青くすべし。 (2)左右の炎を2つとも青くすべし。 (3)その状態でサムライに斬られるべし。 (4)カーソルが斬られる瞬間、クリックすべし。 (5)タイミングが合えば、システムが起動する。

    最新記事

    月別アーカイブ

    カウンター

    ブログランキング

    blogram投票ボタン
    プロフィール

    不如帰の幻影

    Author:不如帰の幻影

  • ☆☆著者HPへアクセス・保険☆☆
  • ☆☆著者HPへアクセス・起業☆☆

  • 最新トラックバック

    カテゴリ

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QRコード

    検索フォーム

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。