スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
王覇 信長の幻影 (秀吉の外征と真田昌幸の反骨精神)

さて、真田昌幸公のファンの方々であれば(私も実は大ファンなのであるが)、いずれは、あの本能寺の変の後のような天下を揺るがす騒乱・動乱が将来的に発生するかもしれないので、
だから、ここはとりあえず、

「名胡桃城の周辺には、真田家先祖代々の供養のゆかりの地がある。」ということにしておいて、これはいずれウソとばれてしまうかもしれないが、
しかし、ここはとりあえず、秀吉をだまして時間を稼いでおいて、

そして、もしもの万が一の時に、素早く上州の経略に取りかかれるように窓口として名胡桃城を残しておいたのだと、ここで反論も出てくるかもしれないが(実際に、そのような諸説あり)、しかし、真田昌幸公の性格・性質からするとそうではないだろう。

単に「惜しい」のであり、妄執とでもいうべき所領に対する執着心のなせる業ではなかったかと、私は思うのである。


それにしても、秀吉は実に寛容で大度量の持ち主であった。

「ヘタにこじれては、なんとも面倒なことになる。。。」と、内心思っていたのかもしれないが、
しかし、秀吉は非常にウソくさい話しだと知りながらも、昌幸のいい分を認めてやっている。


余談になるが、秀吉はこのように真田昌幸に対して実に寛大で寛容なのであるが、しかし、これには理由がある。

一つは、徳川家に対する掣肘だ。

秀吉は徳川家康と和親しているとはいえ、徳川が依然として油断のならない、侮りがたい仮想敵であったことは明白なのだ。

後年、秀吉が徳川家康を関東に移封したのも、徳川家を関東に封じ込めるように、まるで数珠をつなぐように豊臣恩顧の武将たちをその周りに配置したのも、
東北の戦略的要衝である会津の地を蒲生氏郷、後年は上杉景勝に任せたのも、これらすべては徳川家康をけん制するためだったのである。

真田昌幸は、武田信玄の近習として仕えた経験があり、父の幸隆が武田二十四将に数え上げられるほどの名将であり、
長篠の戦では兄の信綱・昌輝を失っており、
武田勝頼の指令で上州の経略に取りかかって武田家のために上杉・北条と戦い、武田家滅亡の際には、勝頼を庇護して昌幸の領する岩櫃城に入城させる下準備までしていたのだ。
ちなみに、勝頼が昌幸を頼っていたならば、あの悲惨な最期はなかったかもしれないのである。


ともかくも、だから、武田を善とする真田昌幸にとって、織田・徳川は「どうしても忘れ難い仇敵」なのである。

しかも、あの三方が原の戦いで、徳川勢を痛快なまでに徹底的に撃破し、激烈果敢な大攻勢によって徳川の重臣を多数討ち取り、
戦慄すべき恐怖で逃げまわる徳川家康を脱糞逃走させた武田信玄の旧臣なのだ。

「徳川家康、なにするものぞ!」との反骨精神が、必ずやあったはずなのである。


なので、したがって、徳川を掣肘したい秀吉にとって、昌幸は大変にありがたい存在だった違いない。


もう一つは、秀吉の外征(唐入り)の構想である。

以前に少し書いたが、私は、秀吉はかなり早い段階から外征を志していたと考えている。

秀吉の外征には諸説があるが、私はルイス・フロイスの「日本史」の記載で、

織田信長が、「毛利を平定して、日本六十六ヶ国を支配したら、一大艦隊を編成して、中国を武力で征服する。日本は我が子たちに分かち与える。」と言ったという記述に注目している。

宣教師が直接聞いているぐらいなのだから、織田の師団長クラスの重臣(秀吉)ならば信長から直接聞くなり、伝聞なりで知っていた可能性が高い。

特に、秀吉は信長の一番弟子といっていいぐらいだったから、信長の思念・使命感が秀吉に与えたその影響力は計り知れないものであったろう。

こんなわけで、秀吉の念頭には「唐入り」があり、

ともかくも昌幸の言い分を聞いてやって、許してやって、

北条家にサクッと上洛してもらい、サッサと日本を統一したいところだったので、秀吉は大盤振る舞いの寛容・寛大さを見せたのであろう。


最後に、少し話がそれるが、

秀吉の外征(唐入り)に関する諸史料を調べていて気づいたことなのであるが、

秀吉は九州征伐の際に、九州のキリシタン大名たちの実態を見聞きして仰天・がく然としている。

ひどいところでは、神社・仏閣は徹底的に破壊され、キリスト教に改宗しない僧徒や一般庶民を数万人も虐殺したり、奴隷にして海外に売り飛ばすことまでしている。
諸説では、50万人以上もの日本人が奴隷として海外に流失し、海外から帰国した天正遣欧使節団や、支倉常長の一行によれば、
海外で奴隷となっている日本人の悲惨な現状が数多く報告されているのだ。

特に、秀吉が戦慄したのがキリシタン大名の大村純忠の所業だ。イエズス会に土地を寄進することまでしている。

これは、イエズス会を通して日本の一部の土地がスペイン・ポルトガル領になったということなのだ。

秀吉は仰天して、すぐにその土地を取り上げて直轄領にしているが、
この宣教師たちを裏で操っていた当時のスペインのフェリペ二世のことをもっと入念に調べれば、信長・秀吉のその当時の現実的な外交政策がもっとよく見えてくるかもしれない。



【2015/09/30 21:18】 | 未分類 | コメント(0)
<<王覇 信長の幻影 (驚天動地 真田昌幸と上州の騒乱) | ホーム | 王覇 信長の幻影 (秀吉の雄志と真田昌幸の術策)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

不如帰 ~戦国武将の幻影~


Ⅰ<覇王編>~逆賊 織田信長を討て!~  Ⅱ<争覇編>~織田家簒奪!秀吉の野望~

不如帰 戦国人物伝


美容室・ヘアサロン・ネイルサロン専門税理士

ランキングに参加しています。。。バナーをクリックして頂けると励みになります!

お気に入り

  • 紫電改を伝えたい!あいなんからの祈り
  • 日本百名城の旅
  • ひこばえ
  • ghost mail
  • 芸能エンタメ タレント最新ニュース&ランキング
  • 怖い話します
  • おんぞーし ノブ様
  • ☆オリジナルの高校数学の問題を掲載していきます☆
  • 嘘八百のこの世界
  • KEEP CALM AND WARBLE ON
  • 国時代を追いかけて日本の歴史つまみ食い紀行
  • 戦国&幕末 セレクト日本史
  • 心のうた|みよ@こたつむりが詠む詩集
  • 天満のイラスト日記!!
  • 施設内虐待(高齢者虐待)と戦う
  • にゃん吉倶楽部
  • 龍好き画伯の妻
  • 穴掘って吠えるでござる
  • えくぼママの喜怒哀楽三昧♪
  • 愛犬ジュジュのときどき後ろ前!?
  • 道東からのフォト
  • 花の店みちくさ
  • すずめ四季
  • 猫ろころころ
  • 極小ヨーキーの子犬がやってきた!
  • 木工と個別課題の部屋
  • 残された石垣を見つけたい
  • のんびり ゆったり 自遊気儘
  • 鼻毛虎日記
  • 別府葉子公式ブログ ~葉子通信
  • ノーベル賞候補犬 サンちゃん
  • 下町ESPRIT
  • 戦闘SLGプレイ日記
  • 東京ぶらぶらり
  • 千葉県 市川市 小岩 茶道具 古美術 絵画  買取 あんてぃっく壱
  • にゃおそふとプライベート
  • うづらのたまご
  • 青の傭兵
  • 小田原で木彫
  • 花のように
  • ビーチサイドの人魚姫
  • 花筐~花がたみ
  • デジカメ人
  • ビールは命の泉です。
  • アダルトチルドレンのまま楽に生きる
  • 全日本丸顔協会
  • ぷりしら商店の雑貨達
  • 愚行の日々を
  • アメリカ観光おすすめスポットまとめ
  • 旅レポート
    ブログランキング

    不如帰 戦国武将の幻影

    武将が騒がしくて、音がうるさい場合はサウンドを(Sound ON)をクリックしてください。SoundがOFFになります。

    (1)サムライに斬られないように注意しながら、かがり火を2回クリックして炎を青くすべし。 (2)左右の炎を2つとも青くすべし。 (3)その状態でサムライに斬られるべし。 (4)カーソルが斬られる瞬間、クリックすべし。 (5)タイミングが合えば、システムが起動する。

    最新記事

    月別アーカイブ

    カウンター

    ブログランキング

    blogram投票ボタン
    プロフィール

    不如帰の幻影

    Author:不如帰の幻影

  • ☆☆著者HPへアクセス・保険☆☆
  • ☆☆著者HPへアクセス・起業☆☆

  • 最新トラックバック

    カテゴリ

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QRコード

    検索フォーム

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。