スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
秀吉の関東征伐 勇将一柳直末 北条家戦国興亡記 2

 また、北条家は小田原での籠城戦に備えて、ひじょうに珍しい方策を用いている。

 小田原城内に、関東八州の分国内に所領を持つ諸大名の当主をいっきに召集して、その諸大名らの持ち城には北条家直属の重臣や与力を派遣して防備を任せるという、実に風変わりな戦法である。

これは、ていのよい人質の意味もあるが、しかし、小田原が落城すれば関八州の諸大名らも一緒に運命をともにするという面白い作戦だ。
このようなわけで、北条家の分国内の将兵らは、当主の所在する小田原に豊臣勢を迫らせまいとして必死になって防戦するはずだったのであるが、
しかし運のない者はどこまでもツキがないものである。豊臣勢の先鋒部隊は濁流のように小田原に急迫し、運河の如く押し寄せるその軍勢がびっしりと黒み渡る幔幕を続々と張っていき、次々と陣地を構築しては次第に大地を埋め尽くしていくのだ。
秀吉もゆったりとした遊山気分で湯本の早雲寺に入っている。


しかしながら、秀吉もこの関東征伐の際に衝撃的な犠牲を強いられている。勇将の一柳直末の戦死がそれだ。

 一柳直末は美濃の豪族の生まれで、1570年の元亀元年の頃に秀吉に仕えて、織田家で奮闘する若き藤吉郎の大出世物語の裏方の立役者の一人であったといっても過言ではないぐらいの武将である。
後年は秀吉の黄母衣衆(親衛隊)となり、羽柴秀次の宿老としても有名である。

 秀吉は小田原での布陣の際に、小田原城の有力な支城攻略を諸将に命令しているが、一柳直末は羽柴秀次の右腕として伊豆の山中城攻めに参加して戦死したという。この報告を聞いた秀吉は、

「熊(一柳直末のあだ名。熊も恐れるほどの猛将の意)を失い、関東制覇の喜びもいっきに消え失せた。しかし、相当の激戦じゃったのだろうか。」といって意気消沈し、しばらくの日々は食事も喉を通らないほどに落胆悲哀したと云われる。

確かに、山中城の攻防戦は熾烈を極め、豊臣勢の総勢は徳川家康の約三万を加えた七万近い大軍勢であり、
一方の守将である松田康長、北条氏勝、松田康郷、蔭山氏広、間宮康俊らは、わずか四千で激烈果敢に交戦している。これは、北条家のために討死する覚悟の戦いであったといってよい。
壮絶悲壮である。
山中城はわずか半日で落城したのであるが、城主の松田康長は北条氏勝を脱出させて玉砕し、その他の将兵らの多くも全滅い近い状態であったという。

 ちなみに、伊豆の韮山城を死守する北条氏規は卓抜な用兵を駆使して頑強に徹底抗戦し、豊臣勢はうんざりして攻略を諦めて、居残りの諸将に韮山城を遠巻きに包囲させて小田原に向かっている。


 ところで、秀吉は城攻めの名人だ。かつての鳥取城の兵糧攻め、備中高松城の水攻めは日本戦史上、前代未聞の実に雄大で遠大な作戦計画であったが、
これは、できるだけ味方の損害を最小限に抑えようとした点でひじょうに優れた戦術であったといえる。

小田原城は無双の要塞なのだから、秀吉は当初から力攻めにするつもりはなかったであろう。そんなことをすれば兵卒らを無駄に犬死させるだけであるし、
しかも、後方から来援中の豊臣勢は関東の北条方の城をかたっぱしに降伏させている真っ最中なのだし、
いずれは小田原城が孤立無援の状態と化してしまうのは時間の問題なのだから、秀吉は何か月かかろうとも厳重な重囲を続ける腹積もりであったに違いない。

まさに、秀吉の才略が光り輝く、絶好の好機到来であった。


【2015/11/03 12:22】 | 未分類 | コメント(0)
<<秀吉の関東征伐 小田原の大歓楽桃源郷 北条家戦国興亡記 3 | ホーム | 秀吉の関東征伐 北条家戦国興亡記 1>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

不如帰 ~戦国武将の幻影~


Ⅰ<覇王編>~逆賊 織田信長を討て!~  Ⅱ<争覇編>~織田家簒奪!秀吉の野望~

不如帰 戦国人物伝


美容室・ヘアサロン・ネイルサロン専門税理士

ランキングに参加しています。。。バナーをクリックして頂けると励みになります!

お気に入り

  • 紫電改を伝えたい!あいなんからの祈り
  • 日本百名城の旅
  • ひこばえ
  • ghost mail
  • 芸能エンタメ タレント最新ニュース&ランキング
  • 怖い話します
  • おんぞーし ノブ様
  • ☆オリジナルの高校数学の問題を掲載していきます☆
  • 嘘八百のこの世界
  • KEEP CALM AND WARBLE ON
  • 国時代を追いかけて日本の歴史つまみ食い紀行
  • 戦国&幕末 セレクト日本史
  • 心のうた|みよ@こたつむりが詠む詩集
  • 天満のイラスト日記!!
  • 施設内虐待(高齢者虐待)と戦う
  • にゃん吉倶楽部
  • 龍好き画伯の妻
  • 穴掘って吠えるでござる
  • えくぼママの喜怒哀楽三昧♪
  • 愛犬ジュジュのときどき後ろ前!?
  • 道東からのフォト
  • 花の店みちくさ
  • すずめ四季
  • 猫ろころころ
  • 極小ヨーキーの子犬がやってきた!
  • 木工と個別課題の部屋
  • 残された石垣を見つけたい
  • のんびり ゆったり 自遊気儘
  • 鼻毛虎日記
  • 別府葉子公式ブログ ~葉子通信
  • ノーベル賞候補犬 サンちゃん
  • 下町ESPRIT
  • 戦闘SLGプレイ日記
  • 東京ぶらぶらり
  • 千葉県 市川市 小岩 茶道具 古美術 絵画  買取 あんてぃっく壱
  • にゃおそふとプライベート
  • うづらのたまご
  • 青の傭兵
  • 小田原で木彫
  • 花のように
  • ビーチサイドの人魚姫
  • 花筐~花がたみ
  • デジカメ人
  • ビールは命の泉です。
  • アダルトチルドレンのまま楽に生きる
  • 全日本丸顔協会
  • ぷりしら商店の雑貨達
  • 愚行の日々を
  • アメリカ観光おすすめスポットまとめ
  • 旅レポート
    ブログランキング

    不如帰 戦国武将の幻影

    武将が騒がしくて、音がうるさい場合はサウンドを(Sound ON)をクリックしてください。SoundがOFFになります。

    (1)サムライに斬られないように注意しながら、かがり火を2回クリックして炎を青くすべし。 (2)左右の炎を2つとも青くすべし。 (3)その状態でサムライに斬られるべし。 (4)カーソルが斬られる瞬間、クリックすべし。 (5)タイミングが合えば、システムが起動する。

    最新記事

    月別アーカイブ

    カウンター

    ブログランキング

    blogram投票ボタン
    プロフィール

    不如帰の幻影

    Author:不如帰の幻影

  • ☆☆著者HPへアクセス・保険☆☆
  • ☆☆著者HPへアクセス・起業☆☆

  • 最新トラックバック

    カテゴリ

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QRコード

    検索フォーム

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。