スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
秀吉の関東征伐 「秀吉の一夜城伝説」は本当なのか 北条家戦国興亡記 4
 
秀吉は小田原城を重囲し、とても戦時体制とは思えないほどの雄大で壮麗な大遊園都市を作り上げて将兵らの士気を鼓舞したのであるが、
この壮大な壮挙を横目で眺めている北条家側はずいぶんと意気消沈したことであろう。こちらは悲壮感ばっかり漂わせながらむなしい評定を繰り返す毎日なのだから、これではすでに脈も上がったも同然なのである。

しかも、関東では北条方の城が次々と落城したり、すぐさま降伏して開城しているありさまで、
さらに、何度となく通謀して味方になってくれると期待していた奥州の伊達政宗が日和見を決め込んでいるらしく、援軍の急使を何度となく派遣してもノラリクラリと曖昧な返事をして態度を明らかにしないという横着ぶりなのだ。

そして、頼みの綱であった東北の諸大名らは、秀吉の威勢に驚き恐れ、こぞって秀吉の前に頭(こうべ)を垂れて帰服を申し込んでいるという始末なのだ。

 どうにもならんのである。

 こうして、北条家はガックリと肩を落とし、さらに胸をかきむしるような思いで籠城を続けていたのであるが、しかし運のないものはどこまでも運が悪いものだ、さらに追い討ちをかけるようにとんでもない事態が露見する。松田憲秀の謀反がそれだ。

 松田憲秀は北条家の重臣で、北条氏康の元で辣腕をふるうほどの重鎮であった。松田家はもともとが北条早雲の頃から仕える古い家柄であり、北条の宿老格であり、伊勢新九郎こと北条早雲公以来の後北条家を脈々と支え続けた名家だ。

 松田憲秀は歴戦の猛将であるが、しかし外交政策も実に巧みで鮮やかであり、経世家としての実力も抜群であり、ひじょうに柔軟性に富んだ人物であったように想われる。
松田憲秀は当初から小田原での徹底抗戦を主張していたが、しかし、すでに前述したようないろいろなこともあり、しだいにうんざりしてきて北条を見限る気になったのであろう、秀吉に内通して小田原城内の機密を漏えいしたり、北条家の重臣の寝返りに一役買っていたと云われる。
名人久太郎こと堀秀政の調略に引っかかって豊臣方に寝返ったという説もある。

 ともあれ、北条氏政・氏直親子はこの事実に戦慄し、はらわたが煮えくり返るほどに激怒し、松田憲秀を即刻捕らえて投獄したのであるが、
しかし小田原城内はお互いを疑い合い、やがて疑心暗鬼に陥るようになって厭戦気分のみなぎる状態に成り果ててしまっている。

 ほとほと嫌になって、嘆息する者も多かったであろう。

 この時の出来事として、有名な逸話がある。
 頑迷な北条家を見限った松田憲秀が秀吉の元に密使を送り、

「笠懸山にご本陣を置いてください。この場所から小田原城を眼下に威圧すれば、城内の将兵らは動揺し、いずれは戦意を喪失して降伏するは必定です。」と助言してきた。

秀吉はさっそく笠懸山を綿密に調査させる一方で、増田長盛、長束正家などに縄張りを命じた。
築城といっても、北条方をびっくりさせればよいわけで、本格的な城塞にする必要はない。セッセと杉の木を切り倒してはサッサと安普請の城を築きあげて、櫓などもテキパキとまたたく間に完成させた。

さらに、その城の外壁には杉原の白紙をびっしりと貼り付けたというからおもしろい。
翌朝に森林を切り払わせると、これを遠望する城内の将兵らは、

「昨日はあの山にはなにも無かったはずだが?さては魔法か、蜃気楼か?」と、度肝を抜かれての大仰天、大変な大騒ぎとなった。
だしぬけに姿を現した一夜城、いくら凝視しても実に立派な城にしか見えないのである。
城の石垣も整然と組まれているように見えるし、その外壁はまばゆいばかりに白く光り輝いている。

 この壮挙をまのあたりに眺め見た北条家はすっかり戦意を喪失し、真剣に降伏を考えるようになったという。


 ここで私見を書くが、神奈川県生まれの私は子供の頃から何度となく小田原城を訪れたことがあり、笠懸山も、もちろん知っている。
この、笠懸山は今は「白壁山」とか、「石垣山」と呼ばれているが、しかしこの呼び名はこの時代からのようである。元来は笠懸山だ。

 秀吉は笠懸山の城普請を完璧に完成させた後に、この城に移って本陣を置いたと伝わっているが、しかし今では少々の石垣を残すのみで、その城を想いしのぶにはほど遠い。

 また、上述した逸話は作り話の伝説にすぎないとも云われるが、現在の小田原城は関西の大坂城と同様に再建されて大きく作り変えられているので、敷地面積も、城塞の跡も、規模も大きさも大はばにずれている。
小田原城内での将兵らの大仰天ぶりを確かめようもないのが、とても残念だ。

 ちなみに、秀吉の一夜城伝説は、今回で四回目だ。

 初めは美濃の斎藤家攻略の足がかり、有名な墨俣での築城。

 次は鳥取城の兵糧攻め。

 その次は備中高松城の水攻め。

 今回の小田原の笠懸山で四度目である。

 もしも小田原城内に、秀吉の得意とする心理作戦である一夜城戦術を知っている者がいたら、これはもうバレバレの戦法なので、少しも驚かなかったに違いないし、かくいう私もそう思うし、きっとそうだったに違いないと想うのであるが、

しかし、まぁ、当時の交通事情もあり、当時の通信事情もあったりで、秀吉の一夜城戦術を知る者が一人もいなかったので、蜂の子をつついたような大騒ぎになっていたのかもしれない。



【2015/11/14 17:04】 | 未分類 | コメント(0)
<<秀吉の関東征伐 風魔党の暗中飛躍 北条家戦国興亡記 5 | ホーム | 秀吉の関東征伐 小田原の大歓楽桃源郷 北条家戦国興亡記 3>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

不如帰 ~戦国武将の幻影~


Ⅰ<覇王編>~逆賊 織田信長を討て!~  Ⅱ<争覇編>~織田家簒奪!秀吉の野望~

不如帰 戦国人物伝


美容室・ヘアサロン・ネイルサロン専門税理士

ランキングに参加しています。。。バナーをクリックして頂けると励みになります!

お気に入り

  • 紫電改を伝えたい!あいなんからの祈り
  • 日本百名城の旅
  • ひこばえ
  • ghost mail
  • 芸能エンタメ タレント最新ニュース&ランキング
  • 怖い話します
  • おんぞーし ノブ様
  • ☆オリジナルの高校数学の問題を掲載していきます☆
  • 嘘八百のこの世界
  • KEEP CALM AND WARBLE ON
  • 国時代を追いかけて日本の歴史つまみ食い紀行
  • 戦国&幕末 セレクト日本史
  • 心のうた|みよ@こたつむりが詠む詩集
  • 天満のイラスト日記!!
  • 施設内虐待(高齢者虐待)と戦う
  • にゃん吉倶楽部
  • 龍好き画伯の妻
  • 穴掘って吠えるでござる
  • えくぼママの喜怒哀楽三昧♪
  • 愛犬ジュジュのときどき後ろ前!?
  • 道東からのフォト
  • 花の店みちくさ
  • すずめ四季
  • 猫ろころころ
  • 極小ヨーキーの子犬がやってきた!
  • 木工と個別課題の部屋
  • 残された石垣を見つけたい
  • のんびり ゆったり 自遊気儘
  • 鼻毛虎日記
  • 別府葉子公式ブログ ~葉子通信
  • ノーベル賞候補犬 サンちゃん
  • 下町ESPRIT
  • 戦闘SLGプレイ日記
  • 東京ぶらぶらり
  • 千葉県 市川市 小岩 茶道具 古美術 絵画  買取 あんてぃっく壱
  • にゃおそふとプライベート
  • うづらのたまご
  • 青の傭兵
  • 小田原で木彫
  • 花のように
  • ビーチサイドの人魚姫
  • 花筐~花がたみ
  • デジカメ人
  • ビールは命の泉です。
  • アダルトチルドレンのまま楽に生きる
  • 全日本丸顔協会
  • ぷりしら商店の雑貨達
  • 愚行の日々を
  • アメリカ観光おすすめスポットまとめ
  • 旅レポート
    ブログランキング

    不如帰 戦国武将の幻影

    武将が騒がしくて、音がうるさい場合はサウンドを(Sound ON)をクリックしてください。SoundがOFFになります。

    (1)サムライに斬られないように注意しながら、かがり火を2回クリックして炎を青くすべし。 (2)左右の炎を2つとも青くすべし。 (3)その状態でサムライに斬られるべし。 (4)カーソルが斬られる瞬間、クリックすべし。 (5)タイミングが合えば、システムが起動する。

    最新記事

    月別アーカイブ

    カウンター

    ブログランキング

    blogram投票ボタン
    プロフィール

    不如帰の幻影

    Author:不如帰の幻影

  • ☆☆著者HPへアクセス・保険☆☆
  • ☆☆著者HPへアクセス・起業☆☆

  • 最新トラックバック

    カテゴリ

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QRコード

    検索フォーム

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。