スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
秀吉の関東征伐 名将黒田官兵衛の智謀 北条家戦国興亡記 7

こうして、徳川家康は忠誠無私の精神で徹底的に従順なまでに秀吉に惜しみなく尽くし切り、北条家をあくまでも敵として決めつける態度は首尾一貫していたのである。

家康は流言・飛言などに全く動じることもないのだから、必然、徳川と親戚関係にある北条家は失意ぼう然であった。

しかも、奥州の伊達政宗が秀吉に帰服したことを知るに及んで、ついに息も絶え絶えの状態となり、小田原城内では、「しょせんは亡国」の気運がみなぎり、厭戦気分が大充満の状態と成り果てたのであった。

そのような折に、秀吉は小田原城内の様子を見透かして、弁舌にたける黒田官兵衛を城中に送り込む。

通説では、秀吉は最初、家康が適任であると思い、徳川に使者を送って相談したのであるが、
「北条家は親戚筋なので、かえって埒があかないのでは。。。」と、家康は丁重に断ってきたので、その後、黒田官兵衛に相談すると、
「それでは、拙者がつかまつりましょう。」と言って引き受けたことになっているが、しかし諸書を丹念に調べると、秀吉はまず、内々に官兵衛に相談していたように思われる。
そして、官兵衛は秀吉の提案に対して、内心、
「徳川殿は、おそらく、引き受けないに違いない。」と思いながらも、しかしとりあえず秀吉に同意したふりをして、その後、家康が断ってきたら官兵衛自身が引き受けるつもりでいたのではないかと思うのである。

なぜなら、官兵衛は「これは、自分こそが適任である。」と自負していたようであり、したがってこの引き受け方はとてもまどろっこしくてひじょうにまわりくどいのだが、
しかし、この時期の秀吉と官兵衛との関係は昔年の面影はなく、ひじょうに微妙な間柄になっていたのだ。

 官兵衛は秀吉の猜疑心をかわすことにやっきになっている時でもあり、事実、この時は隠居を請い願って認められていない状態だったのだ。

官兵衛の智謀知略が、官兵衛の功名と威勢が、秀吉の猜疑心をくすぐり、竜虎のように恐れさせているのだとしたら、ここは、どうせ引き受けるなら、ワンクッション置いたほうがとても賢いやり方なのである。


 さて、官兵衛はまず、酒と肴を小田原城内へ贈り届けるのであるが、
その答礼として小田原城からは鉛と弾薬が送られてくる。この答礼のメッセージの解釈は黒田家中でいろいろと分かれるところであったが、しかし、官兵衛の狙いはそんなところにはない。

官兵衛はさっそくその返礼を口実として、酒2樽、鱧や鮎などの粕漬け10尾をたずさえ、涼しげな肩衣袴(かたぎぬはかま)で刀も持たずにサラサラと城内へ入っていき、北条氏政・氏直父子と対面して懇切に説得する。

官兵衛の弁舌は実にさわやかで、ひじょうに説得力があり、あまりにも見事に誠実味あふれるものであったのであろう、北条父子が官兵衛に感謝して日光一文字の太刀と吾妻鏡を贈ったと云われる。


 ここで私見を書くが、関東八州の北条家の石高は250万石以上であり、最大で10万の兵力を動員できると云われており、秀吉は1~2年の長期戦になることを覚悟していたようである。
私は神奈川県に住んでいるが、以前、さいたま県の上尾市に所在したことがあり、暇をみてはドライブ気分で遠方にまで足を運んで、行田市、館林市ともに車で訪れたことがある。
その時に、
「こんな遠方の場所まで、北条方だったのか!」と驚嘆したものである。

確かに、地図上では小田原からの距離はたいしたことはないが、しかし、実際に自分で上尾市から移動した距離と、小田原から上尾までの距離を重ね合わせた実感は、ずいぶんと果てしなく遠方にきたように感じたのである。

 しかも、私の移動手段は車や電車だが、戦国時代の当時は、移動手段といっても馬を使える身分の者はごくわずかで、兵士のほとんどが徒歩だったし、
道路は未整備な状態がほとんどで、細いクネクネ道を登ったり、くだったりして歩いて移動していたのだから、当時の人々であったらその実感は、さらにいっそううわまわるものであったはずであろう。

これに加えて箱根の峠、碓氷峠を越えることを考えたりした日には、ゾッとする。

 この秀吉の関東征伐を書くにあたって、日本地図を見ながら豊臣の勢力範囲と、北条家のそれとを見比べると、
「やはり、北条家は井の中の蛙だったのだ。」と、軽くあしらいがちになるのだが、上述したような実感を想い出すとき、関東八州を押さえていた北条家が、
「持久戦なら、必ず勝てるはずだ!」と思ってしまうのも、無理はないのではないかと、つい、考えたりもする。

 歴史を語るうえで、地図や史料ばかりだけではなく、自分自身の体を動かして、目と手足と頭を使った実体験も必要なのだと、あの時の実感を想い出して痛感したしだいである。



【2015/12/03 16:06】 | 未分類 | コメント(0)
<<秀吉の関東征伐 乱世の英雄・北条早雲の幻影 北条家戦国興亡記 8 | ホーム | 秀吉の関東征伐 徳川家康の遠謀深慮  北条家戦国興亡記 6>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

不如帰 ~戦国武将の幻影~


Ⅰ<覇王編>~逆賊 織田信長を討て!~  Ⅱ<争覇編>~織田家簒奪!秀吉の野望~

不如帰 戦国人物伝


美容室・ヘアサロン・ネイルサロン専門税理士

ランキングに参加しています。。。バナーをクリックして頂けると励みになります!

お気に入り

  • 紫電改を伝えたい!あいなんからの祈り
  • 日本百名城の旅
  • ひこばえ
  • ghost mail
  • 芸能エンタメ タレント最新ニュース&ランキング
  • 怖い話します
  • おんぞーし ノブ様
  • ☆オリジナルの高校数学の問題を掲載していきます☆
  • 嘘八百のこの世界
  • KEEP CALM AND WARBLE ON
  • 国時代を追いかけて日本の歴史つまみ食い紀行
  • 戦国&幕末 セレクト日本史
  • 心のうた|みよ@こたつむりが詠む詩集
  • 天満のイラスト日記!!
  • 施設内虐待(高齢者虐待)と戦う
  • にゃん吉倶楽部
  • 龍好き画伯の妻
  • 穴掘って吠えるでござる
  • えくぼママの喜怒哀楽三昧♪
  • 愛犬ジュジュのときどき後ろ前!?
  • 道東からのフォト
  • 花の店みちくさ
  • すずめ四季
  • 猫ろころころ
  • 極小ヨーキーの子犬がやってきた!
  • 木工と個別課題の部屋
  • 残された石垣を見つけたい
  • のんびり ゆったり 自遊気儘
  • 鼻毛虎日記
  • 別府葉子公式ブログ ~葉子通信
  • ノーベル賞候補犬 サンちゃん
  • 下町ESPRIT
  • 戦闘SLGプレイ日記
  • 東京ぶらぶらり
  • 千葉県 市川市 小岩 茶道具 古美術 絵画  買取 あんてぃっく壱
  • にゃおそふとプライベート
  • うづらのたまご
  • 青の傭兵
  • 小田原で木彫
  • 花のように
  • ビーチサイドの人魚姫
  • 花筐~花がたみ
  • デジカメ人
  • ビールは命の泉です。
  • アダルトチルドレンのまま楽に生きる
  • 全日本丸顔協会
  • ぷりしら商店の雑貨達
  • 愚行の日々を
  • アメリカ観光おすすめスポットまとめ
  • 旅レポート
    ブログランキング

    不如帰 戦国武将の幻影

    武将が騒がしくて、音がうるさい場合はサウンドを(Sound ON)をクリックしてください。SoundがOFFになります。

    (1)サムライに斬られないように注意しながら、かがり火を2回クリックして炎を青くすべし。 (2)左右の炎を2つとも青くすべし。 (3)その状態でサムライに斬られるべし。 (4)カーソルが斬られる瞬間、クリックすべし。 (5)タイミングが合えば、システムが起動する。

    最新記事

    月別アーカイブ

    カウンター

    ブログランキング

    blogram投票ボタン
    プロフィール

    不如帰の幻影

    Author:不如帰の幻影

  • ☆☆著者HPへアクセス・保険☆☆
  • ☆☆著者HPへアクセス・起業☆☆

  • 最新トラックバック

    カテゴリ

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QRコード

    検索フォーム

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。