スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
コラム 秀吉の唐入り(朝鮮陣)は、無分別で身のほどをわきまえぬ愚行だったのか? 2

 さて、秀吉の外征、つまり有名な「秀吉の朝鮮役」についてだが、しかし、そもそもこの名称自体がおかしいのである。

誰がこんな名称をつけて流布させたのかは知らないが、いまだに学校の教科書などにもしっかりと「秀吉の朝鮮役」と記載されており、
歴史の素人が朝鮮役と聞いたら、秀吉は朝鮮半島の占領が目的だったように思ってしまうであろうし、
そもそも、戦前は「秀吉の唐入り」と教えられていたはずなのである。ちなみに、私の祖父は帝国陸軍の軍人で、戦中は満州の関東軍に所属し、
戦後は無事に日本に生還して後に中学校の教師をしていたが、祖父との時折の会話の中で、「秀吉の唐入り」と言っていたのをはっきりと記憶して覚えている。

 しかし、まぁ、ともかくも、秀吉の戦略的な目標は朝鮮半島ではなくて、大陸の明にあったことを我々は忘れてはならないであろう。
秀吉は明の征服を念願し、東南アジアを含む遠大な貿易立国構想とも想えるほどの具体的な目標を持っていたのである。

 秀吉は将来的に日本を任せ預ける武将、朝鮮半島を支配させる武将などを具体的に選定し、日本の天皇家を北京に招致して大陸支配の象徴とし、
秀吉自らは寧波(ニンポー。中国,浙江省の,東シナ海に注ぐ甬江(ようこう)の下流に臨む河港都市。
遣唐使船や室町幕府の勘合船が寄港するなど,古くから対日貿易港として栄えた。ねいは。 )に居を構えて東アジア全体を統治・統括して総覧するという壮大な政治的目標があったのである。

朝鮮半島は明に入るための通り道だったのであり、朝鮮は戦略目標ではなくて、単ある戦術的な目的の用に供するための目標に過ぎなかったのである。

 しかしながら、秀吉は朝鮮半島で惨敗した。秀吉の雄大で壮大な作戦計画は緒戦でとん挫したのである。ゆえに、後世の批評家たちから痛烈な非難を浴びることになった。

 失敗の原因は山ほどあるが、最たる要因は、敵情認識の甘さであろう。

 秀吉は、朝鮮のことを対馬の属国ぐらいにしか考えていなかった節があるし、大陸の明国に関する生産力・軍事力などに関しても無頓着もいいところだし、
兵站や補給路の確保なども出たとこ勝負のようないいかげんなものだったし、生命線であるはずの制海権までもを明の水軍によって何度となく奪われている。

確かにダラシガナイ戦いぶりで、「本当に、本気でやる気があったんかいな?」
「秀吉はボケてたんじゃないのか?」と感じさせるテイタラクぶりである。

 大陸の情報に精通する小西行長などは、秀吉につき合いきれなくなって、朝鮮半島での進軍途上で明軍に利敵し、しかし逆に内兜を見透かされて大損害を被り、
そのあおりを受けた日本軍将兵らはチリジリになって窮地に追い込まれたりしている。
有名な碧蹄館の戦い(文禄2年1月26日(1593年2月27日)に朝鮮半島の碧蹄館(現在の高陽市徳陽区碧蹄洞一帯)周辺で、平壌奪還の勢いに乗り漢城(現ソウル)めざして南下する提督李如松率いる約20,000の明軍を、小早川隆景らが率いる約20,000の日本勢が迎撃し打ち破った戦い。)になったのも、これは、元々が小西行長の厭戦気分が原因といってよいのである。

また、石田三成や小西行長は、秀吉にいいかげんな情報を伝えて騙すことすらしていることは、この時代に詳しい方々であればすべてご存知のことであろうし、
秀吉の信奉者である加藤清正は、石田三成・小西行長の所業に業を煮やし、秀吉を騙して欺いていると信じてやまず、彼らを憎悪するまでになっている。

 しかしながら、諸史料によれば、豊臣家の主要なメンバーたちは早急の和平を強く望んでいたようであるし、そして現地で戦う将兵らも、戦闘による疲労・疲弊よりも、実際は食糧難のほうで苦しめられていたから、これでは厭戦気分になってしまうのも無理はないのである。

 ところが、この時代の国際情勢に着目すると、秀吉の偉大な志しが見えてくる。

この当時、日本の裏側では、スペイン・ポルトガルの国王であるフェリペ二世が海洋国家の大帝国構想を誇り、世界制覇を目指して大いに威張っていた。

 特筆すべきことは、秀吉はフェリペ二世と何度となく音信を結び合っており、贈り物のやり取りや、書簡を交わしていたことである。

さらに、秀吉はフェリペ二世に宛てた手紙の中で、
「貴殿とは、対等なのだ。」と、言い張っている。

これは、日本人の思考の枠組みを飛び越えて、世界にはばたこうとする兆戦のようにも想える、秀吉の毅然とした態度が感じられ、ひじょうに近世的な発想であったともいえるだろう。
当時の西欧諸国は大航海時代の幕開け、飽くなき膨張主義の全盛期だったのだから。

 したがって、秀吉の思考力は、その時代の最先端を走っていたともいえるであろう。


 ちなみに、大陸の明は秀吉の病没後、四十数年後には小国の金(清)に滅ぼされている。

 徳川政権下の家光の時代に、明の急使が日本に救援を求めるためにやって来たが、全然相手にされず、アッサリと断られている。



 
【2015/12/22 23:14】 | 未分類 | コメント(0)
<<覇王豊臣秀吉と奥州の覇者伊達政宗 | ホーム | コラム 秀吉の唐入り(朝鮮陣)は、無分別で身のほどをわきまえぬ愚行だったのか? 1>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

不如帰 ~戦国武将の幻影~


Ⅰ<覇王編>~逆賊 織田信長を討て!~  Ⅱ<争覇編>~織田家簒奪!秀吉の野望~

不如帰 戦国人物伝


美容室・ヘアサロン・ネイルサロン専門税理士

ランキングに参加しています。。。バナーをクリックして頂けると励みになります!

お気に入り

  • 紫電改を伝えたい!あいなんからの祈り
  • 日本百名城の旅
  • ひこばえ
  • ghost mail
  • 芸能エンタメ タレント最新ニュース&ランキング
  • 怖い話します
  • おんぞーし ノブ様
  • ☆オリジナルの高校数学の問題を掲載していきます☆
  • 嘘八百のこの世界
  • KEEP CALM AND WARBLE ON
  • 国時代を追いかけて日本の歴史つまみ食い紀行
  • 戦国&幕末 セレクト日本史
  • 心のうた|みよ@こたつむりが詠む詩集
  • 天満のイラスト日記!!
  • 施設内虐待(高齢者虐待)と戦う
  • にゃん吉倶楽部
  • 龍好き画伯の妻
  • 穴掘って吠えるでござる
  • えくぼママの喜怒哀楽三昧♪
  • 愛犬ジュジュのときどき後ろ前!?
  • 道東からのフォト
  • 花の店みちくさ
  • すずめ四季
  • 猫ろころころ
  • 極小ヨーキーの子犬がやってきた!
  • 木工と個別課題の部屋
  • 残された石垣を見つけたい
  • のんびり ゆったり 自遊気儘
  • 鼻毛虎日記
  • 別府葉子公式ブログ ~葉子通信
  • ノーベル賞候補犬 サンちゃん
  • 下町ESPRIT
  • 戦闘SLGプレイ日記
  • 東京ぶらぶらり
  • 千葉県 市川市 小岩 茶道具 古美術 絵画  買取 あんてぃっく壱
  • にゃおそふとプライベート
  • うづらのたまご
  • 青の傭兵
  • 小田原で木彫
  • 花のように
  • ビーチサイドの人魚姫
  • 花筐~花がたみ
  • デジカメ人
  • ビールは命の泉です。
  • アダルトチルドレンのまま楽に生きる
  • 全日本丸顔協会
  • ぷりしら商店の雑貨達
  • 愚行の日々を
  • アメリカ観光おすすめスポットまとめ
  • 旅レポート
    ブログランキング

    不如帰 戦国武将の幻影

    武将が騒がしくて、音がうるさい場合はサウンドを(Sound ON)をクリックしてください。SoundがOFFになります。

    (1)サムライに斬られないように注意しながら、かがり火を2回クリックして炎を青くすべし。 (2)左右の炎を2つとも青くすべし。 (3)その状態でサムライに斬られるべし。 (4)カーソルが斬られる瞬間、クリックすべし。 (5)タイミングが合えば、システムが起動する。

    最新記事

    月別アーカイブ

    カウンター

    ブログランキング

    blogram投票ボタン
    プロフィール

    不如帰の幻影

    Author:不如帰の幻影

  • ☆☆著者HPへアクセス・保険☆☆
  • ☆☆著者HPへアクセス・起業☆☆

  • 最新トラックバック

    カテゴリ

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QRコード

    検索フォーム

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。